スパイベイティング

バスマスターマガジンにジャパンタクティクスとして、いくつかのメソッドが紹介されていた。そのひとつに”スパイベイティングメソッド”として、スクリューベイトのスロー引きが紹介されている。

基本的には、表層付近にベイトがいることを前提として、その直下をスクリューベイトで引いていく。フローティング仕様になっているならば、オモリを貼るなどして、若干沈めるようにする。

あとは、デッドスローに引くだけ。スクリューは、それが波動を生むことがいいとされるが、それ以外にも、メリットはある。スクリューが適度な抵抗になって、しっかりとデッドスローに引けるところがいい。

つまり、適度なブレーキの役割を果たしてくれることだ。ルアーを引くときには、どうしても目立たせようとしてしまうが、このメソッドのキモは、むしろその逆にあると言ってもいい。

つまり、ルアーを動かすときの気持ちとしては、「バスに見つかりませんように」という感じだ。ルアーをキャストして、手元まで引いてくるまでに、バスに見つからなければOKというゲーム。

本来のバス釣りの狙いとは、逆のメンタリティーだが、それが、むしろバスをその気にさせる。それを見つけたバスに、しめしめと思わせることができれば勝ち。

早い展開でもないし、ワームの展開でもない。そういったときのメソッドとして用意しておきたいメソッドだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)