テキトー&シビア

アフターのバスは中層に浮き、それでいて、早すぎるものには追いつけない。だから、ゆっくり落としてやることで、バスの射程範囲内での時間を稼ぐ。上流部やワンドの出口。

つまり、スポーニングエリアの出口。そこにある最初の岩盤エリア。まず、狙いたいエリアのひとつに挙げられる。ミノー系のノーシンカーを落としながら、小さくジャークを繰り返していく。

あまり時間をかけず、似たようなエリアをランガン。思うように反応がなければ、軽めのジグヘッドにチェンジ。ノーシンカーのレンジよりも少し下を狙うイメージ。いわゆるタナが重要になってくるが、ある意味テキトーにやってみるしかない。

それでも、思うように反応がなければ、岬や馬の背の先端にある立ち木やカバー。トップから攻めてみて、レンジを落としていく。この時期のバスは、回復期、回復後と、様々な固体が混在してくる。

自分にとって、そのときの状況にとって、どういった固体をターゲットにするのか。そのイメージを明確に持ってチョイスしたい。しかしながら、中層に浮いたバスに対して、確実なメソッドやテクニックを示すのは難しい。

ある意味でテキトーにある意味でシビアに。その柔軟性が、功を奏するときでもある。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)