アフターのバズ

中層に浮いているバスから、ピックアップしていく感覚でアプローチ。そのために使うのがバズベイト。岬や馬の背などの先端や、ボディーウォーターに面した立ち木。

水深が、急に深くなっている場合もあり、すぐに10mなんてところもある。バズベイトといえばシャローや、ウィードベッドなどのイメージがあるかもしれない。

しかし、あえてこうした状況で使うからこそ、ビッグバスが期待できるメソッドとなる。ファーストコンタクトが重要なので、いろいろと手を加える前のメソッド。

距離をある程度とって、アプローチする。時間帯を変えてアプローチするのもいいだろう。アフターのバズ。とにかく、くればデカイ。投げなければ、出会いはない。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)