梅雨の前

アフタースポーンの回復期には、高活性と低活性の両方を想定する必要がある。フィールドの状況や条件のいいときには、ストラクチャー周りのプラッキングもいい。

一方、条件がよくないときには、スローな釣りも、有効であるといえる。1日を通して、どちらの釣りというよりも、時間帯や状況で、変えていく方がいい。

そして、この時期のスローなサスペンドバスは、あまり早い動きには追随できないとみる。故に、タテよりもヨコの方がいいし、もちろん、早いより遅い方がいい。

それに適しているのが、スプリットショット。リーダー部分を長めにとって、底をズル引くというより、底をきって引く。元気がいいのを、シャロークランクで、そして、フォローをスプリットショットで。

場所に固執せず、テンポよく探っていく。フィールドには、様々な状態のサカナがいる。それを前提に、獲れるサカナを狙う。また、梅雨を向かえる前のこの時期は、ベイトパターンへの移行期でもある。

その重なり具合を探りながら行えば、次のパターンへの切り替えもスムーズだ。サカナの反応を見ながら、柔軟に対応しよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)