プラスのガマン

岩盤エリアのジグヘッド。中層に浮いたバスを狙いたいところだが、この中層狙いというのは、想像以上に難しい。よくあるのが、落としきれないでピックアップ。

あと、もう少し沈めればというところでガマンできない。同じボートでありながら、釣果が分かれる場合、この「沈ませ方」による場合も少なくない。

ゆっくりと落としたい軽めのジグヘッドなら、このガマンのしどころは、なおさらのことだろう。まだかな、まだかな~、もういいかな?いや、もうピックアップしようと思ってから20秒。

それから徐に、シェイクやアクションを入れてみて、反応がなければ、ピックアップ。岩盤のタテの釣りの見極めは、このガマンのしどころを見極めてみてから。

そのレンジがわかれば、レンジのストラクチャーを効率的にアプローチしてみてもいい。落とし込みの釣りは、ガマンのしどころ。ピックアップしようと思ってから20秒。

プラス20秒は、行き過ぎだとしても、それくらいの気持ちは必要となるだろう。超スローな釣りにはなるが、それもまた想像力を掻き立ててくれる。これは、これで楽しめる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)