回遊ハンター

アメリカ西海岸のコロンビアリバーは、スモールをターゲットとするタイダルリバー。下流域にあるダムサイトの開閉により、流れが作られ、それによってサカナも動く。

トーナメントでは、そのタイミングに合わせて、スポットを攻略できるかがキーになった。初日のパートナーの戦略も同じように、移動途中のフィーディングエリアを数箇所チェックする。

ここでは、ヒットすればラッキーという感じだ。それ以降は、張り出したシャローバンクで、そのタイミングをひたすら待つ。一見、何もないところ。どうして、ここでやるんだと訊くとこう応えた。

「ワーっときて、ワーっと去っていくんだ。ここは、そのポイント。そのときを待っているんだ」ひたすら信じて待つ。そのとき、ランガンしてはどうか?と訊いたが、「いや、待つ方が正解だ」という。

ランガンするべきか、待ちに徹するべきか。それは、ライバルの動きやコンディションによる。レジに並ぶ列に似ていると思った。あっちが早そうだと移動する。となりを見て、また移動する。

これでは、いつまでたっても自分の順番は来ない。回遊やタイミングを計る釣りでは、まずは場所。確実にクルーズする場所、足を止める場所をで待つ。場所は、インビジブルである場合が多い。

だから、バッチリはまったときは強力だ。あとは、そこでタイミングを待つ。最終的に力量の差が出る部分。それが、この「信じて待つ」という部分だ。

この釣りの最大のキモの部分でもある。それは、テクニックやノウハウではない。「心構え」。これに尽きる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)