6月のアンニュイ

夏至。6月21日頃、北半球では、一年中で一番昼が長く、夜が短い。日の出日の入りの方向が最も北よりになるといわれる。

実際には、この前後1週間くらいの幅があるが、アングラーは、そういった状況を認識しておく。6月は、梅雨ということもあって、雨や曇りの日も多い。

雨や曇りはサカナの活性を上げるが、逆に晴れの日は、活性を下げる。このギャップの激しさを吸収できるかが、ひとつのキモとなる部分でもある。明け方まで雨はやみ、曇りから晴れ。

気候的に熱すぎないし、シブくないのでは?と感じてしまう。アフターから回復して、ベイトを追っているというイメージが先行するかもしれない。

雨や曇りの印象が強く、高活性のイメージを持つかもしれない。しかし、日の高さが最も高いということは、日差しが最も強いということ。それは、光が空気や水を通過する距離が、最も短くなるためだ。

サカナは、かなりタイトにストラクチャーに付く。この時期、雨の谷間の晴れ間に注意すること。雨のときと一変して、タイトな戦略で対応する。

「見失った」と焦る必要はないし、すべては、想定内の動きだから心配ない。6月のアンニュイ。サカナがアンニュイだからといって、アングラーまで、アンニュイになる必要はない。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)