水通し+シェード

これからの選択の基軸になる要素は、「溶存酸素量」。つまり、「水通し」ということだ。水通しの良い場所には、ベイトが集まる。もちろん、バスも寄ってくる。

ハンティングに持って来いのシェードがあれば、格好のスポットとして成立する条件を満たす。逆に、どんなにいいストラクチャーも、この条件を満たしていない場所は期待できない。

ワンドの奥だとか、水の流れのない水路の奥など、先月来までよかったエリアからサカナは消えてく。密生したウィードでは、外側のシェード部分が、狙いどころとなるが、数は出ない。

やはり、パラパラとあるアシなど、シェードと水通しの条件を揃えているところがいい。水深は、それ自体で決定的な要素にはならない。浅くとも、深くとも、水通し+シェード。

条件を満たせば、バスはいると思っていい。そういった視点で眺めてみると、気付かなかったところに気付くことがある。自分と同じ車種の車には、よく気付くのと同じ。見ようとしなければ見えないのだ。

フィールドに着いたら、「いつもの場所」に直行する前に、違った視点でフィールド全体を眺めてみる。違った視点とアプローチは、経験の幅を広げてくれる。

はじめは、戸惑いもあるかもしれないが、上達するためには、避けて通らない方がいい道だ。これは、特別な方法でもテクニックでもない。基本中の基本に立った考え方のひとつ。

今、バスがフォーカスしていることは何か?基本に立てば、思考にゆるぎない柱を持てる。そして、自分の意思で選択すること。これ以上の、信頼できる情報は他にはない。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)