上達のするための小さなコツ

なぜ、「釣り」をやっているのか。その先に、何を期待してやっているのか。もし、不安や苦しみを感じ続けているなら、目的と目標を履き違えているかもしれない。

目的と目標は違う。多くの人は、どこかで目標を目的としてしまい、自分で成長の幅をストップさせてしまう。目的は、最終的に得たい結果。釣りをすることで、何を得たいのか。

自然の中での開放感かもしれない。バスとの出会いにある充足感かもしれない。それは、少なくともライバルや競技に勝つことではないはずだ。競技に勝つことや、一回一回の釣果は、目的に向かうプロセスの「目標」に過ぎない。

たとえば、健康と開放感を得たくゴルフを始める。【目的】上達のためにシングルになる目標を立てる。【目標】しかし、気付けばスコアが伸び悩み、いつもストレスを感じながらやっている。

この状態は、目標が目的になってしまっている状態。本来の目的を見失ってしまっている状態。目的を見失わなければ、どんな困難も修正できる。目的を見失わなければ、目の前のことに一喜一憂しない。

目的を見失わなければ、目標の結果を上達のステップに置き換えることができる。これが、うまく上達していくための小さなコツだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)