梅雨の晴れ間のショートバイト

明け方までの雨。その後、高気圧の張り出しで晴天。梅雨の晴れ間。ニゴリも入り、典型的なタフコンディション。案の定、反応は薄い。困ったときのリーパーを登場させる。

しかし、アタリは遠く、かつショートバイトで、ワームを持って行かれる事もあった。その対策として、3インチワームには大きめの1/0のフックを、何気にセッティング。途端に、3連続ヒット。

そして、4連続目にグッドサイズをブレイク。ヒットの連続に舞い上がってしまい、ラインチェックをおろそかにしてしまった。おそらく、それまでにバイトが取れないほど、小さいものもあったのかもしれない。

後ろからつまむようなショートバイト。ショートバイトでもフッキングできるようにと、不相応なくらいの大きさのフックが功を奏した。いつもの釣り方は関係ない。過去に実績のある釣り方も関係ない。

周囲がワッキー一色であっても関係ない。状況に合わせたフレキシブルな対応という、選択肢と余裕を持ち合わせることの大切さ。梅雨の晴れ間のショートバイト。面白い経験のひとつだった。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)