楽しみ方

バスが、疑似餌にアタックする確率、それは、1%程度だという。しかし、生餌だからといって、その確率は、30%を決して超えない。

もちろん、その確率はバスとベイトの関係性による、そのフィールドの安定度による。正常な食物連鎖のピラミッドを形成していなければ、バスは、常に餌が不足しているということになる。

だから、ルアーなどへの反応もよくなる。しかし、すでに安定しているフィールドでは、ルアーへの反応率は、ぐっと下がってしまう。もし、とにかくバスを釣りたいというならば、生餌にすれば、確率は何十倍も上がる。

それでも、ルアーで釣りたいというなら、それは、もう「好きモノ」の領域であることを覚悟する。「わざわざ釣りにくい方法で、釣ることをを選ぶ」なぜ、その難しい方法を選ぶのか。

その過程で、何を楽しむのか。それを見失ってはバス釣りはつまらなくなる。バス釣りは、釣る事だけ食べる事だけを目的としない。バスに到達するまでの、そのプロセスを楽しむもの。

「何も考えないで、楽して、とにかく釣りたい」これでは、バス釣りの楽しみ方としては、もったいない。釣れないと、ただつまらないと感じてしまうのは、バス釣りを、ただの釣りにしてしまっている。

釣れないときにも、また楽しみ方はある。それも、またプロセスのひとつであることに違いないのだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)