準備なし

フィールドに立つ前に色々と考えてしまう。これは、アングラーの悲しい性のひとつだろう。季節的には云々、実績的には云々、それらを思い巡らせながら、タックルを準備する。

それは、釣り前日の楽しみのひとつだ。しかし、実際にフィールドに立ってみると、想定したいたものと異なることは少なくない。そこで、ゼロに戻ってフラットに考え直してみる。

それは、とても難しいことだ。自分の気持ちをフラットにしたつもりでも、すでに用意しているタックルの範囲で考えてしまう。その取り組みが与える制約は、想像以上に大きい。

フラットということは、何もない状態。つまり、前提となる条件も何もないということ。完全にフラットにする自信がないなら、まずは、準備をしすぎないということだ。

タックルは、フィールドに立ってみてから考える。もしくは、一度すべてのルアーを外してみる。たとえ、同じルアーを結ぶことになったとしても、フラットな思考から導いた場合の姿勢は異なるはずだ。

行動の上でも、フラットしてみてから、もう一度、フィールドの状況を見直してみる。理論や知識に寄り過ぎず、雰囲気を感じる。直感というのは、そういったときにひらめくもの。

あえて、準備をしないでフィールドに立つ。準備をしすぎないで、ボートを浮かべてみる。時間がもったいないと感じるかもしれないが、それ以上の効率的なアプローチが期待できる。

フラットにするということを体感する。自分の感性というものは、想像以上に信頼できる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)