底を取る

底を取る。これは、基本中の基本でありながら、中々簡単ではないことでもある。特に、初心者と熟練者を分けるのは、浚渫などのクボミに送り込みができるかどうか。

送り込まないで、ズル引きをすると、ルアーは、クボミの上を泳いでいくことになる。これでは、クボミにタイトについている、バスの頭上を通り過ぎてしまう。

ズル引きの底質の感覚が途切れたら、まずは、ロッドを倒して送り込む。それから、さらにラインを出して送り込む。これからの季節、この一連の動作が、バイトの成否を分ける場合は少なくない。

練習としては、まずはウェイトを重めにして、しっかりと底を取ることからはじめてみる。そして、ズル引きの”底を取る”という感覚を感じ取る。

岸際から急深となるリザーバーなどでは、特に、底を取ることは難しくなる。まずは、岸と平行にボート位置をとってから、岸際と平行にルアーを引いていくことからはじめる。

暑さで集中力も途切れがちになる。まずは、基本に立ち返って底を取る。そして、しっかりと送り込む。それでバイトを得ることが出来れば、その感覚は、何事にも変えがたい経験になる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)