ラインを張れ

リーリングの基本を、ケビンバンダムが語っている。それは、一言でいえば、”ラインテンションを張れ”。キャストしてから、バイトがあるまで、そして、ランディングに持ち込むまで。

その全てのプロセスにおいて、ラインテンションを保つことの重要性を語る。まずは、ある程度のラインテンションがなければ、アタリを感じ取ることができなくなる。

そして、バイトしフッキングするにも、ラインスラックがあれば、フッキング力が弱まる。ランディングに持ち込む過程においても、ラインの緩みは、バラシへと繋がる。

バスが、ボートに向かって泳げば、当然、ラインは緩み、ラインスラックが出来ていく。それも、早いリーリングで巻き取れという。

ケビンバンダムは、241のトーナメントにおいて、8914ポンド(およそ4043キロ)を釣り上げてきた。”ラインを張れ”。彼も、また特別な何かを忠告してくれるわけではない。この基本を知らないアングラーは少ないだろう。

しかし、それを注意して実現できているかは別の話。ラインテンションが、集中力を表すならば、それが、途切れるときはないだろうか。

その緩みは、必ずラインに現れる。そのわずかな差が、結果として、大きな結果の差として現れてくるのだろう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)