小さなチャレンジ

自信のあるルアー、自信のないルアー。この違いは、どこからきているのか。答えは、単純。「釣れるイメージを持っているか」そのイメージは、実際に釣れた経験に基づく。アタリの出方、釣れた状況、釣れたサカナ。

その感覚は、おのずと集中力を高める。それが、「釣れる気がする」という感覚を作る。そして、また釣れる・・・。自信がつく・・・。このサイクルにはまるには、条件がある。

「はじめの一匹を釣ること」そのときに大切なことは、「釣れた」ではなく、「釣った」という感覚。このハードルは、決して低くない。どうしても、得意ルアーに傾倒してしまう。それは、この感覚に依存している。

得意ルアーが増えれば増えるほど、釣りの奥行きは、深まっていく。ルアーを選択する場合には、自分の感覚よりも、状況から選択してみる。このちょっとした勇気ある行動は、次への扉を簡単に開けてくれるかもしれない。

フィールドの状況とサカナのコンディション。ルアーの選択は、効率性に基づく。この唯一のルールに従えるか。自分自身への小さなチャレンジは続く。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)