根がかり

根がかりというのは、ペースを狂わせる。特に、テンポのある釣りを行っているときなど、根がかりひとつで、ペースは大きく崩れる。そういった意味で、根がかりを上手く回避するのも、テクニックのひとつだといえるだろう。

しかし、それは、一方で挑戦しないことではない。なぜなら、バズというサカナは、基本的に根がかりするような場所を好むからだ。トレースルートのイメージ、キャスティングスキル、そして、状況に適したルアーチョイス。

こうした要素の高いバランス設定が、根がかりを避けつつ、バスとの距離を縮める。でも、やっぱり根がかりはある。だから、次の課題は、根がかりへの対応だ。メンタル面は、もちろんのこと、アプローチのスタイルやルアーチョイス。

はじめから完璧なスタイルや状況は作れない。大切なことは、いかに調整することができるかだ。ゴルフが、完璧さを求めるスポーツではなく、いかに、調整していけるかのスポーツであるように。

根がかりがペースを崩すことになるなら、それは、「何かを調整するべき信号」といえる。腹を立てることでも、ヤケになることでもない。冷静に、自分を調整していくということ。それも、また釣りの一部なのだから。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)