流れを掴む

夏といえば最も重要なファクターは、酸素。酸素をもたらす場所、豊富な場所がカギとなる。それは、風であったり、流れであったり、湧き水であったり、流れ込みであったりする。

これらの酸素をもたらす要素の中で、常に脈々と途切れることがないのが「流れ」。そういった「流れ」は、ボートや陸からは、一見してそれを掴むことができない場合がある。

たとえば、琵琶湖南湖であれば、北湖からのボディーウォーターの他に流れがある。それは、潮流と呼んでもよいかもしれない。主流の流れのほかに左右の両岸には、渦を巻くように、いくつもの流れがある。

その渦が当たるあたりや、渦の巻き込むあたりにあるウィードエリア。そういったエリアは、人知れずスイートスポットになることがある。流れは、決してひとつではない。

それを遮るもの、後押しするもの、様々な、要因が時に複雑な流れを作る。誰も目を向けない小さな「流れ」。それを、感じ取り、読み取るセンスは、釣りだけでなく多方面で活きて来る感覚のひとつだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)