ジャーキングのキモ

ミノーのジャーキング。そのジャーキングのコツのひとつに、ルアーを極力、上下させないことがある。つまり、ダイブさせず浮かせず。テンポよく力強くジャークしたら、あまりポーズをおかずに繰り返していく。

そのとき、フローティングタイプであれば、ルアーは、水面に平行に移動していく。アメリカのロングAに代表される、ジャークベイトは、この動きを想定しているという。

だから、いわゆるミノーイングのように、トゥイッチさせるイメージではないということだ。力強いジャーキングが、バスを寄せる。そして、上下しない動きがリアル感を出す。

ミノーを使ったアプローチは、”喰わせ”的なイメージがあるかもしれない。シャローにベイトがいるような場合は、むしろ、ジャーキングで積極的にアプローチしたい。バスに見せ過ぎない。

思わずバイトしてしまうようなアプローチ。やる気のあるバスを選んで釣る。フローティングミノーのジャーキングは、ショートレンジの攻めのアプローチだといえる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)