ナチュラル系バイブ

ニゴリが入ったときなのは、アピール系のルアーが定番だろうか。まず、バスに見つけてもらわなければならない。そういった理由からアピール系もいい。

普段から濁っているようなフィールドでは、そういった選択もいいかもしれない。しかし、急なニゴリが入った場合などは、バスの活性は下がっていると見ていい。つまり、捕食よりも身の安全を優先したい。

そうしたときには、アピール系よりも、むしろ、ナチュラル系が効く場合がある。ナチュラル系といっても、見た目ではない。どちらかというと、ノンラトル系。

バイブレーションでもバルサ系にしたり、メタル系にするとよい場合もある。アタリは、ずっしりとくるものばかりではない。ラインに出たり、ワームのようなアタリもある。

それをあわせてとるためには、少しハリのあるロッドで引いた方がいい。アクションは、タダ巻きを基本として、ストップ&ゴーやスロー&ファストなど緩急もつける。

活性が上がった場合でも、アピール系とナチュラル系では反応に差がでる。ナチュラル系バイブレーション。ローテーションに加えてみると、思いがけず良い結果が期待できるかもしれない。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)