スピナーベイトトレーラー

スピナーベイトトレーラーを考える時、まず始めにスピナーベイトの特質について知らなければならない。スピナーベイトには、ヘッド部とブレード部があって、それがワイヤーで繋がれている。そのワイヤーを屈折した部分にラインを結び、引くことによって、オモリとなるヘッド部を下にして、ブレードが回転し泳ぐことによってサカナにアピールする。

ブレードは、回転することによって浮力を生じる。その浮力を抑えるためのヘッドウェイトであるから、ブレードが大きくなればヘッド部は重くしていく。スピナーベイトのヘッド部のウェイトは、水深を調節するものではなく、浮力を抑制するためのもので、ウェイトが違えど、同じレンジを攻めるためのものだという話はした。そのブレードが回転するとき、自然の力学はスピナーベイトに何を起こすか。ブレードは、引かれるラインに対して直線的になろうとする。つまり、水面に平行に近い形になる。だから、ブレードが複数枚付いていれば、それも直線的になって回る。決して鯉のぼりのように縦に並んで回るようにはならない。

ブレードがラインに対して直線的になるとヘッドはどうなるか。スピナーベイトのブレードが付いているアッパーブレードを床面に対して平行になるように持ってみる。それがスピナーベイトの泳ぐ姿勢に近い。ヘッド部を上に向けて、それに応じてフックは下にいく。その時、スカートは水流を受けてブレードと平行の位置になびく。スピナーベイトへのバイトは、下からスカートにめがけて来ることが多い。その時に下に出たフックに掛かる。これが、スピナーベイトの基本的な構造だ。だから、スカートに対してフックが小さいということは、ミスバイトを誘発しやすくなる。

では、こうした構造を理解したとき、スピナーベイトのトレーラーの役割りとは何か。まず、スピナーベイトの定番の形状である、スプリットテールタイプを考える。この基本的な形状に見覚えがあるとするなら、それは何か。凧上げをするときの足。その形状に似ていることに気付く。凧上げのときの足の役割は何か。それは、余計な回転や動きを抑制し、飛行姿勢を安定させるためにつける。スピナーベイトのトレーラーも同じだ。スプリットトレーラーを付けることで、スピナーベイト本来の姿勢を安定的にする。つまり、泳ぎ始めの立ち上がりを早め、障害物へのコンタクト時にその姿勢を早く回復する。これは、バイトを逃さないためにも重要な要素となる。

また、トレーラーは、スカートと同様に流れに乗ろうとするから、ブレードと平行になろうとする。この動きは、下に向いたフックを押し上げようとする力になる。それは、スカートへのバイトを、より確実にフックセットする要因になり得る。また、サカナは、ベイトのアタマにバイトする傾向があるため、長く見せることで、ヘッド部がアタマだと認識させやすくなり、ミスバイトを減らせる要因にもなる。

このようにトレーラーの役割や効果は様々だが、基本的な狙いは姿勢の安定であるといえる。ブレードとヘッドとフック、そしてスカートの関係性にみるスピナーベイトトレーラーの役割り。それを知ると、スピナーベイトというルアーが、侮れないルアーであることを改めて再認識する。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スピナーベイトのブレードタイプ

スピナーベイトは、ブレードの組み合わせが自由だ。その中でも、ダブルウィローやタンデムウィローなど、定番とされる組み合わせもある。そういった組み合わせがある中で、スピナーベイト本来の性能を余すところなく、発揮するならば、シングルコロラドがいい。

ウィロータイプよりもコロラドタイプの方が、水への掴みがよく抵抗感が強い。また、フロントブレードが無い分、振動は失われず、ダイレクトにアングラーに伝わってくる。扱っていて、わかりやすい分、集中力も持続できるタイプだといえる。では、フロントブレードの意味は何なのか。それは、インジケーターであるということができる。

インジケーターとは、計器。つまり、スピナーベイトの動きを知る計器だ。スピードメーターがスピードを知るための計器であるように、フロントブレードは、スピナーベイトの状況を感知するインジケーター。フロントブレードは、ブレード回転を吸収するスイベルを介さず、クレビスによってワイヤーに直結している。

その分、リアブレードより水の動きに敏感に反応し伝える。バスがスピナーベイトに当たるように来たがバイトしなかったような、前アタリなどの動きは検知しやすい。また、障害物に当たったときなどの変化も伝わりやすい。ダブルウィローは、フラッシング効果を狙ったものだという見方もあるが、コロラドタイプとの計器の性能の違いだと認識した方が適当だ。

コロラドタイプは、計器性能には優れているが動きが明確な分、場を荒らしてしまう要素もある。それに比べ、ウィロータイプは、コロラドタイプよりも計器性能が劣る分、サカナへのインパクトを抑えることができ、場を荒らすことを軽減することができる。

スピナーベイトのリアブレードの大きさは、そのまま波動の大きさになる。つまり、それはベイトサイズということもできる。ブレードが大きくなれば、揚力も増すから、ヘッドウェイトで押さえ込む。

だから、スピナーベイトのウェイトは、水深で使い分けるのではなく、使いたいブレードサイズで選ぶ。フロントブレードは、その大きさを増せば、インジケーターとしての機能を向上することができる。しかし、全体の揚力に与える影響も出てくる。

バスが最も釣れている水深は、統計的に1.5m〜2.5mだという。スピナーベイトはそのレンジをターゲットにし、リアブレードとヘッドウェイトで調整しているから、ウェイトの違いでフロントブレードの大きさを変えることは、その基本的な考え方を乱すことになる。

だから、フロントブレードのサイズは、ウェイトが違えども共通の大きさになっているものもある。インジケーターとしての役割を重視しリアブレードの仕事を邪魔しない大きさに設定しているのだ。

もちろん、フロントブレードにはバイブレーション効果もあるので、どこに着目し何を優先するかは、開発者次第であるともいえる。フロントブレードの位置付けをどのように理解するか。

それは、スピナーベイトのラインナップと、そのブレードの組み合わせを見れば大体分かる。「形は機能に従う」という。こういうものだと、深く考えないで終わらせて仕舞うこともできる。

しかし、フロントブレードの役割をどう捉えるか。それは、そのままスピナーベイトによるアプローチや姿勢に奥行きを与えていく。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スピナーベイトフックと理想

スピナーベイトにおけるフックは、どうあるべきなのだろうか。まず、スピナーベイトというルアーは、ブレードでサカナを引き寄せ、スカートのシルエットを見せることで、スカートにバイトをさせようとするもの。

そう、バスはスカートにバイトしてくるのだ。そして、スピナーベイトというのは、動いているときにバイトしてくるという状況下にあるということを忘れてはいけない。つまり、スカートの長さに対して、極端に短いフックは、ミスバイトを誘う可能性が高い。

フックのゲイブの位置が、スカートの末端に来ること。それが”理想的なセッティング”だと考える。往年のスピナーベイトでは、ウェイトのサイズに合わせてフックのサイズが変わるものが多くある。

その理由は、当然のことながら、ウェイトが小さいスピナーベイトは、狙っているサイズが小さいという理由ではない。フックというのは、シャンク部の長さとゲイブ部の大きさが比例関係にある。つまり、シャンクの長いものは、ゲイブも大きい。

スピナーベイトのヘッド部は、ウェイトによって大きさが異なる。1/2ozは3/8ozよりも、ワイヤーとフックの連結部であるヘッドの中心部からスカートの位置までが長い。

だから、スカートとフックの関係を”理想的なセッティング”にすることを考えれば、サイズの異なるフックで対応する必要があるということになる。このことを踏まえれば、ウェイトの違いでフックのサイズが変わることが理解できる。

スカートに対して小さすぎるフックのスピナーベイトが欠陥であるということではない。それは、単なる考え方の違いで、僕にはそうする理由が良くわからないというだけだ。

バスというサカナの性質として、ベイトの頭からバイトしてくる傾向があるという。だから、トレーラーをセットして、長く見せることでバイトポイントを明確にさせ、スピナーベイトのヘッド部にバイトさせる方法もある。

そうすれば、フックが小さくてもミスバイトは減らせるかもしれない。もちろん、トレーラーフックをつけることで対応は可能だが、どうしてトレーラーフックを前提としたつくりにする必要があるのかという点が重要だ。

”かかりやすさ”の観点からすれば、フックはスカートでちょうど隠れるくらいの大きさがいいし、そのためにはウェイト(ヘッドサイズ)に応じて、フックサイズを変えることもする。

そして、”外れにくさ”と観点からすれば、スピナーベイトにおいては、パワー負けしないだけの強いフックということになるだろう。スピナーベイトというルアーは、見た目に関していえばプラグ系に劣る。

だからこそ、見た目ではなく、機能性にこだわるルアーでありたい。スピナーベイトは、それを追求し試行錯誤するには、ふさわしく、また手ごわい相手だということができる。

ルアーとは、そもそも、あるシチュエーションに対して、それを攻略するために最適化し効率性を追求された結果として、様々なタイプが存在している。そして、スピナーベイトの形状は、その効率性を追求し形作られた人間の英知を集結した形だといえる。その経緯や意味を踏まえたセッティングを考えたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スピナーベイトフックと妥協

スピナーベイトのフックについて考えてみる。まずは、原点に立ち返って、そもそもフックに求める基本的な性能について確認してみる。フックの役割は、ルアーを口にしたサカナに、かかり外れないことだ。

その”かかること”と”外れない”ことがその求められる基本性能であるとみることができる。この2つの大きな役割のうち、”外れない”ことは、その前に”かかること”が満たされてはじめて意味をなす性能だ。

つまり、”かかり”を無視して、”外れない”ことを追求することは、あまり賢明な取り組みではないということだ。それでは、まずはじめに取り組むべき、”かかること”について、基本的な点について確認してみる。

”かかる”という動作は、針の先端がサカナに触れ、そして突き刺さることで実現される。つまり、針の先端がサカナに触れることが、はじめの”かかりやすさ”に繋がる。針の先端が触れやすい状態というのは、針の先端が隠れているときよりも、剥き出しの状態の方が触れやすいに決まっている。

そして、さらにフック自体が小さいよりも大きい方がいい。刺さりやすさという観点でいえば、太いより細い方がいい。もっとも刺さりやすいのは、まったくカエシが無い状態の針だ。

しかし、カエシがないフックは、時にバレやすさを生むし、細すぎるフックは、タックルバランスによっては伸びてしまう可能性もある。刺さりやすさの次の外れにくさを考えたとき、カエシや軸の太さは、妥協点ということになる。

こうした観点で、フックを見たとき、フックというものは、出来れば大きく、そして剥き出しになっている方がいい。そして、出来れば先端は細い方がいいということになる。フックを大きくすると、バスの口に納まらないのではないかという懸念を感じるのは、正直杞憂に過ぎない。

バスは、ラージマウスバスと呼ばれるように、エサとなるベイトを丸呑みしてしまうものだ。また、マスバリがフックセットしやすいのは、小さいからではなく、フックが剥き出しになっているからだ。

だから、ドロップショットリグでは、マスバリよりもストレートフックを使った方がかかりやすくはなる。しかし、もう一方で、フックのシャンク部がワームの動きを阻害することを避けるという観点から、フックの大きさを妥協していると見ることができる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スピナーベイト選択の基準

スピナーベイトの選択の基準は、狙う水深ではなく生み出す波動と、それに対応するブレードの大きさから選ぶ。そのためには、ウェイトごとにブレードの大きさは、異なっていてほしいし、そこに違いがあってほしいと思う。

もちろん、リーリング速度を落とせば、より深いレンジを探ることはできるし、重たいスピナーベイトは、ボトムを引きやすくもなる。しかし、そういった使い方は、自分にとっては、ある意味で”特殊な”使い方の部類だ。

自分にとって、スピナーベイトは、あくまでもフィーディングモードのサカナ、つまりシャローレンジを釣るために、最適化されたルアーだ。そして、ベイトサイズや、波動アピールの強さに応じてブレードを使い分ける、つまりウェイトを使い分けることになる。

そうはいうものの、スピナーベイトのウェイト表示は、タックルセッティングを行う上で必要なこと。だから、スピナーベイトを3/8oz、1/2ozとかのウェイト別表記に加えて、”*インチクラスの波動”といった捉え方で見る。

そして、ターゲットレンジは、ウェイトに関わらず、常に2m~2.5m。ウェイト=揚力との調整という見方に立てば、ウェイト=水深という見方に立ってみた場合の、ウェイトが増してディープレンジになればなるほどブレードサイズが大きくなるという不可思議な公式に終止符を打つことができる。

万能すぎるが故に、様々な解釈や使い方が可能となるスピナーベイト。おそらく、どのような使い方をしたとしても、結局サカナを連れてきてくれるには違いない。

これといった正解がないともいえるし、すべて正解だともいうことができる。それはまるで、”どう使うつもりですか?”と問い試されているかのようだ。それもまた、スピナーベイトの大きな魅力のひとつであり、スピナーベイトの持つ不思議なチカラのひとつだと感じる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ウェイトとブレードの関係

それでは、ウェイトの違いは、何なのかという話になるが、それは、ブレードの大きさとの関係ということになる。スピナーベイトのブレードは、リーリングすることにより回転する。

その回転は、当然のことながら揚力が働く。揚力が働くということは、スピナーベイトを浮き上がらせようとする力が働くということだ。つまり、ブレードが大きくなれば、それだけ大きな揚力が働くということになる。

それを、ウェイトを上げることで、抑えようということだ。スピナーベイトのウェイトは、揚力を抑えるためのもの。それが僕の理解だ。そう考えると、ブレードの大きさが大きくなれば、ウェイトが重くなることも理解できる。

スピナーベイトというルアーの特徴は、波動を生み出すことにあるといえる。スピナーベイトが生み出す波動や振動は、ワイヤーやその形状も関係するが、その大半はブレードの如何によるといっても過言ではないだろう。

つまり、演出したい波動の大きさに合わせて、ブレードの形状や大きさを選択することになる。ベイトフィッシュが大きめであれば、1/2ozクラスを使えばいいし、小さめであれば、3/8ozクラスを使えばいい。

それは、水深云々ではなく、生み出す波動の大小如何だ。1/4ozクラスの小さいスピナーベイトは、ポンド(池)サイズと呼ばれるが、それは、池の水深が浅いからということではなく、ベイト自体が小さいから、ブレードを小さくしたいから。

小さいブレードでウェイトを上げれば沈みすぎてしまう。そのブレードサイズで、シャローレンジをトレースするならば、ウェイトは1/4ozクラスになるということだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スピナーベイトのターゲットレンジ

バスフィッシングを永くやっている人にしてみれば、ルアーに対して何かしらの”考え方”や独自の”スタンス”というものがあるだろう。その”考え方”や独自の”スタンス”は、とても些細なことかもしれないが、それがルアーとの信頼関係に大きく影響していることも少なくない。

自分は、スピナーベイトが好きだから、やはり自分なりの考え方というものを持っている。しかし、自分の持つスピナーベイトに関する”考え方”は、”ちょっとした違い”といったレベルのもではない。

それは、基本に関わる重要な要素だということができる。スピナーベイトのウィエトに対する考え方だ。

ジグヘッドやラバージグにおけるウェイトというのは、そのまま水深とリンクして考えることが多い。それは、深いレンジを探るうえで、ウェイトはその効率性に直結してくるからだ。

ディープエリアを軽いウェイトで釣ることは不可能なことではないが、やもすれば自分が何をしているかがわからなくなってしまうこともある。そういった意味でも、ウェイトという要素は水深に関連づけられて考えられることが多い。

しかし、スピナーベイトのウェイトを、そのまま狙う水深に関連付けることは、少し安易すぎるように感じてしまう。

自分のスピナーベイトに対する基本的な考え方は、こうだ。”どんなウェイトのスピナーベイトであっても、狙うレンジは同じ”。つまり、スピナーベイトのウェイトが、3/8ozであろうと、1/2ozであろうと、そのターゲットレンジは、2m~2.5mということだ。

スピナーベイトは、フィーディングモードのバスをターゲットとすることから、シャローレンジが基本。それよりも、深いレンジを狙うならば、もっと他の選択肢の方が、効率的かもしれない、というスタンスだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る