【青野ダム】苦悩の末の50cm マッドペッパー炸裂

今年の夏は、何かが違う。そう感じていた真夏の釣行。昨年ならば、水通しの良いメインチャネル沿いのハンプにサカナは付いていた。ベイトフィッシュが絡めば、高い確率で50cmクラスを釣ることが出来た。しかし、今年は、メインチャネルのハンプ周りにベイトフィッシュがいない。ハンプ周りも全く反応がなく、昨年グッドサイズを連発できたテキサスリグやラバージグも沈黙していた。

全く反応がない理由を、自分なりに考えてみた。今年は、夏に差し掛かるまで大減水していた。そこからの大増水で、一気に満水となった。減水時は、当然サカナにとってみれば、死活問題であることから、深場へ移動する。安定して水量が確保できる領域を望む。ダム湖であれば、それはダムサイトということになる。しかし、ダムサイト周りは、ベイトフィッシュも少なく、何よりも水が悪い。もうひとつのセオリーとして、増水すればシャローがある。確かに冠水したカバーは多く見受けられるが、シャローのカバーでは小バスやギルの反応があるばかりで、パッとしない。シャローカバーから、沖のハンプをスローに攻めるも反応はなく、巻物にも反応がなかった。そうして2度ボウズをくらった3度目。その理由を明らかにしないまま、夏を終えることはできない。まだ、夏を感じる9月初。ボートを浮かべた。

これまでの状況を踏まえ、小バスデカバスの住み分けの考え方に立てば、後はディープしかない。チャンネル沿いであれば、湧き水の可能性もゼロではない。ターゲットレンジを7mに据えて、アプローチすることにした。ハンプから7mまでをタイトに落としたいことから、ウェイトは重めのラバージグとテキサスで攻める。しかし、反応はない。メタルジグでリアクションを狙ってみるも、反応はない。青野川の橋桁付近から、島周りのディープを探っても反応がないまま、昼を迎えた。

昼を過ぎて、シャロー狙いに切り替え、青野川から尼寺前までのストレッチを流していくも、反応はない。閉塞感が漂っていく。ここで、一旦フラットになって状況を整理する。夏の定番のチャンネル沿いに反応はない。しかし、そこが活きるのはベイトフィッシュが絡むとき。ベイトフィッシュが最も確認できたのは島周り。可能性が高いのは島周りしかない。残り時間が2時間余りとなって、島周りに賭けることにした。島周りでは5mレンジを中心に魚影が映る。そこを、スローに攻めても小さなアタリがあるばかりだった。メタルを入れても状況は変わらない。魚影が映るポイントに直接テキサスを入れていくが反応はない。しかし、テキサスを回収しようと巻き始めた時、明確なアタリが出た。中層の横引き。それに反応した。すぐにテキサスを入れてスイミングしてみるが反応はなかったが、サカナからの反応があったことは大きい。4mレンジを狙えるクランク、マッドペッパーマグナムを結んだ。それをキャストして1投目。いきなりガツンッときた。

生命感が伝わってきてバスだとわかった。そこまでグイグイとは引かない。巻物に反応してくるくらいだから、30か40クラスだろうと高を括り、一気に引き抜こうとしたが、全く持ち上がらない。ボート側面に現れたのは40クラスを優に超えるサイズだった。慌ててネットを手にして引き寄せネットに収めた。デカイと感じたサイズは、50ジャストのグッドサイズだった。これだ。残り時間1時間を切ったところで、道が拓けた感覚があった。ベイトフィッシュの動きに付いているバス。視線は上にあるのだろう。だから、底付近には反応しない。そして、横の動き。これが、1匹から導いた仮説だった。その仮説を検証するために、残り時間巻き続けたが、残念ながら反応はなかった。

リベンジを願いながら向かった青野ダム。昨年までのサマーパターンに引きずられて迷走してしまったが、フィールドは、秋らしい様相を呈していた。タフになればスローにフィネスに、というアプローチは、常に正しいとは限らない。つまり反応が無いのは、決してバスがタフだという理由にはならない。これは自分自身の経験に基づくもの。思い込みによらず、状況にフラットに向き合うことの大切さ。そのことを教えられた一匹であった。

ロッド:エンズヴィル ENC71M
リール:MGX L
ルアー:ディープクランク(マッドペッパーマグナム)

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】アフターの48cm

前回のGW釣行からおよそ1カ月。6月とはいえ、まだ梅雨入りしておらず、夏のような暑さが続いていた。青野ダムは、相変わらずの減水傾向にあって、およそ2m強の減水となっていた。水温は23℃弱。適正水温だ。アフタースポーンの青野ダムの実績としては、ボーマーロング16Aで52cm、バズベイトでロクマルと比較的ダイナミックな釣りでの実績があり、今回もハードベイトでの釣果を期待してボートを出した。

準備したタックルは、ジャークベイトとしてのロング15Aとバズベイト。そして、フォローとしてのラバージグとテキサスだ。想定エリアとしては、スポーニングエリアに絡む岬周り。水深がありながらも、シャローに近い場所だ。まずは、バズベイトを通し、ジャークベイトを入れていく。しばらく流してみるが反応はない。今回は、同じ時期に52cmやロクマルが釣れた状況とは明らかに異なる。減水によって、ファーストブレイクまでが干上がっている。通常であれば、このファーストブレイクにステージングしているバスをバズやジャークベイトで食いあがらせるイメージだが、今回はそのイメージはない。もう一段深場になる変化についていると想定されるため、ジャークベイトをシャッドに変更する。

中腹にあるワンド出口の岩盤岬。この時期のスポットとしての条件は十分な場所だ。こうしたピンスポットはテキサスで攻めてみる。ゴリゴリと岩の感触を感じながら、落としていくイメージだ。すると、モソッというアタリが出る。アワセてみるとバスの引きを感じながらも、決して大きくはない。上がってきたのは、33cmのバスだった。水深としては、3m~4mくらい。想定内のレンジだ。このイメージの水深をシャッドを入れ、テキサス、ラバージグでフォローしていく。途中、壁ギリギリに潜らせたいことから、ディープクランクにスイッチしてみたが、反応がないまま午前中を終えた。

一通り目ぼしいエリアを流してみたものの反応はない。気になるのは、33cmの釣れたスポットだ。住み分けの持論に立てば、同じエリアにビッグバスはいない。上か下か。しかし上に行くには条件が乏しい。では下かというと、まだシャローに意識が向いている状況で、それも違うように感じる。では、沖ではないか?という発想が生まれた。奇しくも減水によって、通常であればディープに相当するエリアが4mレンジになっている。ファーストブレイクから離れた沖のハンプに狙いを付けた。

ハンプのブレイクにテキサスリグを入れていく。すると違和感を感じるほどのアタリがあったが、アワセまでには至らなかった。しかし、グングンと生命感がある。引きとしてはグッドサイズの引き。ネットを準備して寄せていくが、ネットを伸ばした瞬間に、エラ洗い一発バレてしまった。アタリの小ささからアワセが十分でなかったのだろう。また、ネット操作でジャンプをロッドで抑え込むことができなかった。しばし茫然とし、若干諦めムードが漂ったが、このエリアだという確信が持てた。

雰囲気を変えるためにラバージグにスイッチする。すると、つまんで持っていこうとするアタリは出るが、それ以上にはいかない。再びテキサスに変えていくと、ググッと重くなるアタリが出た。すかさずアワセた。グッドサイズの引きだ。慎重に寄せていくが、上がってきたのは50クラスのナマズだった。気持ちの切り替えとしばらくエリアを休ませることにして昼食を取る。午後からは風が吹き始め、雰囲気としては決して悪くはない。ハンプエリアをテキサスで丁寧に探ってく。岩の間に挟まるような感覚があって、それが外れたように感じた時、グッと重くなった。風で流されていたので、また根掛かりか?とも思ったが、生命感がある。すかさずアワセて今度は慎重に寄せていく。ネットに無事収まったのは、体高のあるズッシリとしたの48cmのメスだった。その後、攻め続けるものの、小さなアタリはあれど、フックセットすることなくタイムアップとなった。

今回のエリアは、通常であれば真夏のエリア。しかし減水の影響によって、それは違っていた。それはアタリの出方にも顕著に表れていた。回復期にはまだ時間が掛かるのか、非常に小さいアタリだ。ハードベイトの釣りにはもう少し時間が掛かるかもしれないが、次回釣行はおそらく真夏になってしまう。6月の雨で水位が戻っていくことを期待しつつ帰路についた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】GWのプリスポーン

今年になってから初めての釣行。断続的に降り続いた雨も上がり、春らしい天候に恵まれたGW中盤。久々の青野ダム釣行に向かう。状況的にはポストスポーニングの時期であるが、個人的にアンフェアで面白みに欠けるネストはやらない主義故に、セカンダリーエリアのプリスポーンに狙いを定める。用意したタックルは、巻物がジャークベイト、ディープクランク、スピナーベイト。カバーやセカンダリースポット狙いにラバージグとテキサスリグを準備した。

所用によりボートを出す時間は9時を過ぎていた。また、早めの15時に上がる必要があることから比較的短い釣行になる。まず、青野ダムは思っていた以上に減水が激しかった。おそらく2m以上は減水している。通常ならばスポーニングエリアとなるフラットがことごとく干上がった状態になっている。さらに、そこには陸っぱりアングラーやヘラ師が並び、アプローチできる余地はない。これでは、バスも近づけるはずもない。まずは、ワンド入り口にあたる岬エリアをチェックしていく。ワンド内も、フラットに向かう部分にクランクを入れ、フォローでジグ・テキサスを落としていく。岬を中心にチェックしながら上流部に向かうが、反応はない。相変わらずシャローエリアには、ルアーを投げ入れることができるスポットは非常に限られている。

中流域までの4mラインまでをチェックしていく。青野川は、フラットの対岸のストレッチにジグを入れていくが、反応はない。午前中までに、おおよそのスポーニングに絡むセカンダリーエリアはチェックしてしまった。手詰まり感を感じてしまうが、バスは必ずシャローを伺っている。シャローに行きたくて仕方がないはずだ。エリアを絞り込んでじっくりと探っていくことにする。

まず、スポーニングとして大場所であること。そして陸っぱりが入れないエリアであること。そのセカンダリーを重点的に探ってみることにした。スロープ付近のスポーニングエリアに向かうが、まさかの場所にまで人が入り込んでいる。その手前のブレイクを探っていくが反応はない。対岸の橋からの上流に向かうワンド入り口をチェックしていく。比較的大きめのワンドに向かうが、やはり奥には陸っぱりアングラーがいる。しかし、このワンドは、離れた位置からはわかりにくいが、レイダウンが点在している。シャローに向かいたいバスはこういったスポットにステイする。

レイダウンのシャロー側だけではなく、その伸びた先までを丁寧にテキサスを入れていく。奥までいくことなく、対岸にスイッチしていく。これまでのレイダウンは細目の木が多かったが、しっかり目のレイダウンを見つけた。シャローに向かいたいバスが立ち止まるには絶好の場所だ。テキサスリグを根本付近に入れる。落としていくとモソッというアタリが出る。すかさず合わせてレイダウンから引き離す。グッドサイズの引きだ。ほどなくネットに収まったのは、48cmのプリスポーンバス。狙い通りのサカナだった。

やはり、シャローに向かうセカンダリースポットにいた。それも、ここぞという教科書通りの場所だ。こういったスポットを見つければいい。しかし、そういったスポットは、減水の中にあってレアなスポットだ。中流域に思い当たるスポットはあったが、時間が迫っていた。同じワンド内のスポットをチェックし続けたが反応はないまま、ボートを上げる時間となった。

陸っぱりプレッシャー、減水、ピーカンといった悪条件が重なれば、必然的にピンスポットがキモになる。決して簡単ではない状況の中で、狙い通りにプリスポーンを釣り上げることができた満足感がある一方で、スポーニング自体が上手くいくのだろうかと心配になった釣行だった。そしていよいよ、サーフェスや巻物で狙っていけるアフタースポーンのシーズンがやってくる。新たな期待を胸に帰路についた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】冬のメタル/32cmと逃したサカナ

正月明けの最初の連休。例年ならば真冬パターンでゆるぎない時期ではあるが、今年は気温が下がりきらず、真冬の状況とはいいがたい。それゆえに、釣行前は比較的シャローレンジを見据えたアプローチも選択肢として考え、ジャークベイトやスピナーベイトも準備していた。しかし、いざフィールドについてみると、その想定は早々に覆されてしまった。減水が激しい。ここ数年では最大といっていいほどの減水だ。2m以上、3mに迫る勢いかもしれない。水温は7℃あるが、減水傾向にある状況で、やはりサカナは、深場を意識するであろうから、シャローレンジの見込みは薄いと感じた。しかし、深場を第一条件として考えることができるため、エリア的にはダムサイトに絞り切れる点はやりやすい。あとはどのレンジをターゲットとするかだ。

減水の影響もあってワカサギ釣りのボートや筏が、沖目に出ている。そのため、ダムサイトといっても半分は立ち入ることが出来ない。スロープを出て右サイドにある岩盤エリアか、対岸の橋の出口あたりがエリアになる。まずは水温と水深、ベイトの状況を確認するためにスロープ側の岩盤をチェックする。3mから7mへ、そして10mラインへと落ちていく。ラバージグとスピナーベイトを岸際に入れて落としていく。ベイトレンジは7mから8mにある。まずは、このレンジをチェックしていく。岸際に落としていくパターンのあとは、7mレンジをメタルジグでチェックしていく。しかし、岩盤から落ちたであろう木々への根掛かりが激しい。メタルジグでは効率が悪い。しかし、ワームでスローに攻める気はない。ガード付きのラバージグを入れていくが反応はない。

対岸の岬に移動する。ここもいつものディープフラットが、4mラインになっている。ベイトはやはり8m付近に映る。ベイトの映り方は、岩盤エリアよりも圧倒的にいい。また、10mレンジの状況もいい感じだ。メタルジグを入れていく。岩盤エリアに比べると根掛かりもなく釣りやすい。しかし遅いスタートということもあって、昼を過ぎてもサカナの反応はない。午後になって水温が若干上がってきた。ジャークベイトやスピナーベイトを入れていくが反応はない。7mか10mか。この時点では、まだ確証は得られていない。風が吹き始めたころ、風に流されながらメタルジグを入れていく。すると反応が出る。合わせると生物反応はあるが、バスではないようだ。上がってきたのはニゴイだった。しかし、生き物の反応があることはいいサインだ。まずは10mラインに絞っていく。

いい感じのディープフラットにメタルジグを入れていく。明確なアタリがあって慎重に上げていくと、32cmの体格のいいバスだった。冬とはいえしっかりと捕食できている印象だ。サイズ的には満足できるものではないが、まずは1匹。これよりもグッドサイズは、このレンジよりも上かもしれない。その迷いを消し去ることが出来ないまま、10mレンジを攻め続けることにする。すると、明確なアタリと、グンッグンッという引きがある。1/2ozのメタルジグは、自重もあることから、アワセようとロッドを戻してラインテンションが無くなったとき、外れてしまうことがある。それゆえにラインを緩めないように巻き合わせを試みる。しかし、巻き上げのスピードがフックセットに至る前に、吐き出してしまった。グッドサイズのアタリを逃したショックは大きすぎた。1日やって1本という覚悟はあったが、それを逃したとき集中力は途切れてしまった。残り時間、攻め続けたものの、その後アタリが出ることはなかった。

逃したサカナは大きかった。メタルジグの「アワセは、バレる」という考えが今回は当てはまらなかった。今回得た教訓は、たとえアワセでバレたとしても、アワセは行うべき。特にジグを丸呑みしてしまうサイズであれば、吐き出されてしまえば終わり。アワセでバレるのは、それまでのサイズという考えで割り切れば、やはりアワセは明確に行うべきだろう。30cmクラスを取らんがために、グッドサイズを取り逃がす戦術を選択すべきではない。全くの反省の釣行だった。

ロッド: ロードランナー HB640ML
リール: REVO MGX SHS-L
ルアー: メタルジグ TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】時合い釣り 50アップ×2本&40アップ×3本

秋らしさを増しているとはいえ、気温は例年よりも下がっては行かない。晩秋といえるシーズンではあるが、秋パターンを追える時期であるには違いない。前回は、あらゆるケースを想定したタックルを準備したが、今回はベイトに付くバス狙い。ハンプやフラット狙いを中心としたタックルを揃えた。朝は冷え込みが厳しく、まるで冬の様。しかし、いざボートを出してみると水温は18℃を指しており、まだまだ適水温であるといえる。水温との気温差の大きさからか、霧がひどい。対岸のショアラインはもちろん、10m先も見えないほどだ。

土曜日ということもあって、慣れていないアングラーはダムサイト側に回っていくだろう。ダムサイトではワカサギ釣りもあり、ここまで視界が悪いとルアーキャストもままならない。安全性を考慮して、早速中流域を目指すことにする。ところが、ショアラインが見えない状況で経験だけで操船することは想像以上に不安にさせるものだった。島周りを超えて中流域のボディチャネルに差し掛かった頃、太陽の日差しが霧を晴らしていった。

まずは、ボディチャネルにあるハンプ周りのベイトをチェックする。思っていたよりも少ないという印象のまま、ハンプにテキサスリグをキャストする。アタリはあるが小さい。何度かあったアタリを捉えると29cmの小柄なバスだった。これではない。霧もスッキリとはれたので、ショアラインにボートを移す。尼寺側の支流入り口のレイダウン。その根本にテキサスリグを入れる。すぐさまバイトがあったが、上がってきたのは31cmのバス。期待外れだ。そのままショアラインを流しながら、青野川側に周る。反応が薄いので、再度ボディチャネルのハンプに入る。3m〜5mラインにベイトが映っている。これはハンプの水深から見てもベストなレンジだ。しかし、反応は薄いまま時間が過ぎていった。11時になろうかとする頃、風が吹き始め状況が動く。アタリは小さいがルアーを持っていくアタリが出る。しっかりとアワセて見るとこれまでとは異なる引き。上がってきたのは50cmに1cm足らないグッドコンディションの49cm。いい感じだ。続いてハンプにキャストを続けると程なくアタリが出る。少し小ぶりだがコンディションのいい44cm。

ベイトもいい感じに映り、風もふいている。まさに時合いだといえる。このチャンスを逃してはならないと攻め続ける。風上にボートバウを向け、アップヒルでテキサスリグを入れていく。ステイさせて次のアクションを加えた瞬間、ツンッとアタリが出る。アタリ自体は30cmクラスかと思ったものの引きはグイグイと増していく。そしてネットに収まったサイズは、ついに出た。52cm。立て続けの3本。朝の無反応が嘘の様だ。しかし、風がやむかベイトのうごきが止まったか、反応は無くなってしまう。

午後になってから風がやみ、ベイトの動きも遠ざかってしまう。それでもこのハンプに再度そのタイミングが訪れることを信じて攻め続ける。時間潰し的にハンプ周りにクランクベイト、スピナーベイトを入れるが反応はない。テキサスリグを入れると、朝一のように27cmが食ってきた。朝一のパターンだなと感じつつ、メタルジグを投入してみたが、やはり上がってきたのは、31cmのバスだった。反応が薄い時間が過ぎていく。昼食を取りつつ、状況が変化するのを待つ。すると14時を過ぎたあたりから、風が吹き始める。これはいい。ベイトもいい感じに映ってきている。テキサスリグには見慣れているかもしれない。ここはラバージグだとタックルを持ち替える。ハンプ上を小さくバンプさせるように誘っていく。コッというアタリをすかさずアワセる。悪くない引き。上がってきたのは、44cmのバス。50cmには満たないが、悪くないサイズだ。

50アップを含む40アップ4本。十分に満足できる釣果であるといえる。休日ということもあって、早めにボートを上げることも考えた。しかし、ここまできたら5本揃えたい。また、今の状況であれば可能だろう。根拠のない自信があった。風が止む前に、とハンプにラバージグを入れていく。ココッというアタリに、ついに来た!とアワセる。悪くない引き。40アップは間違いない。ネットに収まったサイズは、52cm。ダメ押しの50アップ。

52cm×2本、49cm、44cm×2本の計5本。30クラスは4本と数にすると9本。十分な釣果だ。まだ時間があったが、早々にボートを上げることにし、スロープに向かった。今回の釣りは、まさに時合いの釣り。タイミングがすべてだった。時間でいうと11時と14時。ベイトが周ってくるタイミングだろうか。以前、スモールマウス中心のアメリカ西岸のコロンビアリバーで釣りをしたとき、地元アングラーが「シャローにワーッときてワーッと帰っていく。それを待って狙う」といっていたことを思い出す。まさに、そんな感じだ。活性は決して悪くはない。しかし、タイミングが合わなければ口を使わせることが難しい。時合いが来れば、テンポよく釣っていく。ライトリグをゆっくりと落として釣るには効率が悪すぎる。ラバージグで広く探っていくのが正解だ。秋らしい十分すぎる釣果。バスの動きが少ない真夏や真冬と異なり、状況は刻一刻と動いていく。その状況に合わせて手返しよくアプローチしていく。それが攻略のキモだといえる。水温は、まだまだ下り切る気配がない。もう少し時合いの釣りが楽しめそうだ。

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し) + ジャンボグラブ

ロッド:ドレッドノート BRDC69M
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド:ロードランナー HB640ML
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】秋バス 46cm

天候もようやく秋らしくなり、前回からのターンオーバーも解消されつつあることを期待しながら、青野ダムに向かった。水温は、おそらく適水温。ここ数日の天候も安定していることから、比較的状況は悪くないなだろうと想定する。しかし、秋というシーズンは、夏冬と異なり、バスの付き場が安定しない。ベイトのいるエリアやレンジによって動き、また浮き気味になる。これがいわゆるじっくり釣る釣り方の反応を悪くしてしまう。横の動きを意識しながら巻くことも効果的だろうし、表層から中層まで幅広く探っていくことができる。まずは、フィールドの状態、バスの状態を掴むことが重要になることから、必然的にタックルの本数が増えてしまう。表層のバズベイト、シャロー流れ込みなどのスポットにシャッド、中層にクランクベイト、岬周りにはディープクランクとフォローのラバージグ、カバーが絡めばスピナーベイト、ベイトボールとストラクチャーが絡むならばメタルジグ、フォローのテキサス、縦ストラクチャーにゆっくり落としていくならノーシンカー、軽めのテキサス。結局のところ、ここから2〜3本に絞られることはわかっている。しかし、およそひと月ぶりの釣行。手際よくエリアスポットを見極めたいから仕方がない。

スロープからボートを出すと水温は、20℃を切る程度。まさに適水温だ。まずはスロープ入り口の変化をバズベイトでチェックする。バズベイトの引き泡が消えない。あまり水が良くないようだ。クランク、ラバージグでチェックするが反応はない。この時期、ダムサイトに向かう岩盤エリアも魅力的だが、悪い水がダムサイト側に寄っているイメージだ。早々に見切り上流に向かう。ワンドの入り口にある岬。ディープクランクとラバージグでチェックしながら第二ダムに向かう。第二ダム入り口の地形変化を同様にチェックしていく。ダムの流れ込みにはシャッドを入れて早巻きしていく。あまりにも大場所過ぎるせいか反応はない。そのままシャローレンジを流しながら上流へ向かう。

移動しながらベイトの状態を確認するが、はっきりとした魅力的なシルエットが中々映ってこない。ベイトはフラットが絡む変化に映ることが多い。そういった場所をチェックしていくがベイトの反応もバスの反応も良くない。そのまま前回、56cmを釣ったエリアに入る。このエリアは、地形の変化としてハンプがある。ベイトの影が2m〜4mレンジで映る。ハンプのトップで6m弱。悪くない。まずは、定番のクランク、そしてハンプに絡めるようにスピナーベイトを入れる。しかし反応がない。フォローのテキサスリグを入れて探るも反応がなく巻き上げている時にアタリが出る。大きくはないが、表層でエラ洗いするバスの近くで別のバスがライズする。上がってきたのは29cmの小ぶりなバス。すぐさま同じ場所にるあーを入れて泳がせると、すぐに31cmのバスが食ってきた。ラバージグをスイミングさせてもバイトはあるが、乗るところまでには至らない。ベイトに付いて中層にいるバスだろう。しかし、このサイズのバスはターゲットではない。

ワンサイズ上のバスは、これより上か下か。可能性を絞り込むために、まずは上、シャローを攻めることにする。青野橋の上流部にあるアウトサイドのカバー。そのストレッチをラバージグとスピナーベイトで流していく。カバーが薄いところは、クランクベイトを入れていく。そのまま流していくが反応はない。尼寺サイドのシャロー、そして出口付近のシャローフラット、その対岸にあるアウトサイドをチエックしていくが反応はない。上がダメなら下に行ってみるか。そう考え始めたころ、曇りだった天候が晴れに向かう前線の通過に伴って強い風が吹き始めていた。これは、状況が変わるかもしれない。テキサスで2本あげたエリアに再度入り直すことにした。

同じエリアに入ったものの、午前中とは狙いが異なる。今回は下だ。下にいるグッドサイズが、この風とベイトでハンプ上を伺っているという状況を想定する。ハンプにテキサスリグを入れる。夏のような釣り方をしているとアタリが出て合わせると33cmのバス。サイズアップしたもののコレジャナイ感が漂う。しかし、午前中のアタリ方とは異なることが重要だった。再びテキサスを入れて探っていく。すると明確なアタリと共にルアーを持っていく引きがある。しっかりとアワセてみるとグッドサイズな引き。ランディングネットがルアーに絡んでしまうトラブルがあったが、無事ハンドランディングでキャッチできた。50cmには至らないが46cmのグッドコンディションのバス。狙っていたサイズだ。残り時間はわずかであったが、残りの時間をこのパターンに費やすことにする。

暫くアタリは遠のいたが、風に吹かれながら探っていくとアタリが出る。キタッと一気にフックセットに持っていくが、ギーッとドラグが出る。しまった!先程の46cmのランディングでドラグを緩めたままにしていた。すぐに締め直してアワセ直したが、バスの引きはそこには無かった。決して悪いアタリでは無かったから諦めがつかない。再度時間ギリギリまで攻め直すも、再びバイトが出ることはなかった。ミスによる最後のアタリを逃したのは大きい。パターンの見極めを行う上で重要な一本になったはずだった。狙っていたサイズを釣ることが出来た釣行でもあったが、もう一方で悔やまれる釣行ではあった。これから、フィールドは、ますます秋を深めていくだろう。ある意味で難しい季節となっていくが、その攻略を楽しんでいきたい。

ロッド: ドレッドノート BRDC69MH
リール: MGX-SHS L
ルアー: テキサスリグ 1/4oz+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】49cm in ターンオーバー

前回の釣行は真夏の大減水だった。9月も半ばを過ぎた三連休最終日。9月初旬からの記録的な台風と大雨が続き、おそらく満水状態になっているだろうと想定。水温も適水温となっているだろうことから、シャローレンジの巻物もあり得るし、ベイトボールが確認出来れば、中層狙いもカギとなってくる。こうしたことから、準備するタックルの数は自然と増えてしまう。

7時過ぎにボートを出してみると、水温は、およそ24℃で適水温。増水しほぼ満水状態であることには違いないが、アオコが発生し水が悪い。ワンド内を出てみても、ボートの引き波の泡が消えない。ターンオーバーが発生して、決して良いという状態とはいえない。状況は想定と少し異なっていたが、それでもベイト次第では期待できるとボートを進めた。

秋の定番スポットである岬周りを、クランクベイトでチェック。ジグをフォローで入れていく。しかし岸側は、アオコが寄っていてさらに水が悪い。クランクベイトのレンジを下げて岬周りをチェックしながら上流へ向かう。第二ダムは流れていた。ターンオーバーの発生した湖では、その影響を受けないエリアか回復が早いエリアが狙い目となる。流れ込みは、回復を早めるが、第二ダムもターンオーバーを発生しているとしたら、汚れた水が流れ込むことになるため期待は薄い。しかし、第二ダムエリアの入り口は、地形の変化に富んでいる。岬状の地形を意識しながら、クランクベイトとジグでチェックしていく。しかし、このエリアで明確なベイトは確認出来なかった。やはり、この時期のベイトはしっかりと映らないと魅力がない。早々に見切りを付けて移動する。

岸際には、オカッパリアングラーとヘラ師が並ぶ。シャローエリアを流していくことは難しい。また、水の回復が早いエリアといえば、流れがあるメインチャネル。ベイトのレンジにあった地形変化にターゲットを移す。先月の釣行で50アップを釣り上げた場所。メインチャネルの流れもあるし、増水でレンジは変わっているものの逆に悪くない。ハンプエリアは、ベイトを待ち伏せるには丁度いいはずだ。テキサスリグでブレイクを丁寧にチェック。ハンプはジグで探っていく。すぐにテキサスにアタリが出るが、上がってきたのは25cmのバス。体格はいいが狙っているのはこれではない。メタルジグを投入しチェックしていくとすぐにニゴイが釣れた。しかし、その後キャストを続けるもののアタリはない。もう少しベイトの影が欲しい。もう一方のチャネルである尼寺側に移動する。

尼寺前から流れ込む岸際のレイダウンをチェック。アタリはあるが小さいため乗らない。粘らず見切ることにする。チャンネルからシャローにかけての地形変化を探っていくがアタリはない。状態は悪くないがパッとしない。やはり、小さいものの25cmが釣れニゴイというサカナの反応があったエリアに分がある。再度、チェックしていくとベイトが映っている。条件は揃ってきているが、ベタ凪なのが良くない。これで風が吹けば状況は変わるはずだ。そうやってチェックしていると、わずかに風が吹き始める。今がチャンスとブレイクを狙っていく。すると、ツッという小さいアタリが出る。これは?と迷ったが、アワセてみる。グッと重さが乗ってバスだと分かる。これはグッドサイズだ。ネットに収まったのは、49cm。50までに1cm足らなかったが狙っていたサイズだ。

風が吹いている時間は長くなかった。風が止むと雨がパラつき始めた。ジグでハンプからブレイクを探っていくと、フッというアタリが出る。今度はすかさずアワセていく。引きは強くないが悪くない。上がってきたのは、34cmのグッドコンディションのバス。今が時合いとキャストを続けるがアタリは続かなかった。その後、場を休ませる意味もあり、一旦下流域に移動する。第二ダムやスロープ前のハンプを探るが、やはり水の状態もベイトの状態も良くない。再び中流域のメインチャネルに移動する。時間までキャストを続けるものの、状況に変化なくタイムアップとなった。

ターンオーバーと適水温という判断しずらい状況の中で、狙っていたサイズを上げれたことは大きい。また、当初想定していた状況と実際の状況が異なることは良くあること。アタリはとても小さく、決してコンディションは良いとはいえない状況であったが、比較的うまく補正していくことが出来たと思う。後になっての反省点としては、絞り込んだエリアの狙い方にもう少し幅を持たせても面白かったのではないかという点だ。秋は荒食いというが、一方で水の状態やベイトの状態に引きずられるためレンジ調整の難しさもある。その難しさを逆に楽しんでいける釣り方を目指したい。

ロッド: ドレッドノート BRDC69MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ 1/4oz+ジャンボグラブ

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール: Revo MGX-SHS L
ルアー: TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】大減水の青野ダムで53cm+45cm

正に酷暑の夏も、小休憩かのように例年並みの気温予想となったお盆明けの休日。気温は15℃。朝は、すでに秋を思わせるような装いだった。ウインドブレーカを羽織っての準備となったが船を出す7時を過ぎると夏ような暑さが戻ってきた。青野ダムは、大減水中。岸際を見渡すと、ざっと2mくらいの減水となっているようだ。前回、50アップを釣ったスポットは、当然ながら状況が変わっているはず。決して簡単ではない展開を予想した。

ボートを出すと早速中流域に向かう。水温は、27.5℃。真夏とは言えないが、決して適水温でもない。微妙な感じだが、この水温も昼間には30℃近くに上がってくるだろう。やはり、まずは夏のパターンで推してみることにする。夏の定番は、支流からの流れがボディチャネルにぶつかるエリアだ。まずは、そういったホットスポットをチェックすることで、その日の状況を掴むことが出来る。前回、50アップを釣ったスポットは、水深が4mを切っていた。水深は、浅くなってはいるが、その分、水温が下がっている。まずは、前回と同じスポットを探って行く。

このスポットは、居れば食うスポット。テキサスでボトムの変化をじっくりと探って行くが反応がない。やはり、前回とは状況が変わっているのか。しばらく探ってみたものの反応がない。一旦、その場所を離れて、橋脚を狙うことにする。橋脚といっても、そのものを狙うのではない。その土台となる部分を狙って行く。このエリアも夏に50アップの実績のあるエリアだ。橋桁からチャンネルに落ちるブレイクをテキサスとラバージグで探って行くが反応はない。ここは時間を費やすエリアではないので、尼寺の支流に移動する。

支流の入り口にあるレイダウン。減水ですっかりと姿を表しているが、まだその大半は水に使っている。ここも春に47cmを上げた場所。付いている時にはいる。根本付近にテキサスを落として行くとアタリは出るが、グラブのテールを取られる程度。サイズ的には大きくないようだ。バスは、そのサイズによって住み分けをしていると考えている。ボウズ回避のために、どうしてもアタリが出やすい小バスのエリアに執着しがちだが、それは自分にとっては罠だ。故に25cmクラスの釣れるエリアは見切ることにしている。これは、50アップをコンスタントに釣るためのコツであるともいえる。

レイダウンの対岸からフラットに続く沖側の変化を釣って行く。ここでもアタリは出るが、ジャンボグラブやラバージグを食いきれる大きさではないようだ。近くにいたアングラーがやはり25cmクラスを釣っていた。やはり、こういったエリアではないようだ。そこも見切りをつけて、もう少し沖側の深い水深を釣って行くが反応はなかった。11時を過ぎた頃から、朝一のスポットに向けて風が吹き始めた。これは状況が動くはず。そう感じ取り朝一のスポットに入り直す。いい感じに風が吹いている。いつもの定番スポットより、もう一段階深いエリアを狙うイメージ。明確なブレイクを釣るというよりも、ハンプを釣るイメージなので、ラバージグをバンプさせる感じで釣って行く。

すると、ググッとアタリが出る。来た!とすぐさまアワせる。バスの重さが乗ってくる。これはグッドサイズだ。バスは突っ込むことなく浮き上がってくる。跳ねると感じ、ロッドを下げた瞬間、エラ洗い一発、フックは外れてしまった。40後半は確実なサイズ。「今日はもう終わったかもしれない」。厳しくなると感じていただけあって、ショックが隠しきれない。しかし、風は止まない。チャンスはまだ有るとすかさずラバージグを入れると、すぐにアタリが出るが乗らない。続けてハンプをアップヒルで狙って行く。するとグッとアタリが出る。来た!とアワセると、今度は深場に潜って行く。ラインテンションを緩めることなく、しっかりとアワセを入れながら、吹き上がって来たところをネットに収めた。デカイ!。50後半を期待したが、53cmの頭デッカチのバス。ネットに収めた瞬間にラバージグはポロリと外れた。危なかった。

その後、風向きが代わり状況が変わったかのように感じた。少し場を休ませようと離れることにした。またフックが鈍っているような感じがしたことから、ラバージグを付け替えた。その日、朝から何度か根掛かりを外していたが、こうした繰り返しでフックは確実に鈍っていく。しばらくエリアを転々とし、ルアーも各種試したが新しい発見はなかった。その日は、三田の花火大会があって夕方から交通規制が入ると聞いていたこともあって、早く上がる予定でいたことから、最後に53cmを釣ったエリアに入り直す。同じようにハンプを釣って行くと、明確なアタリが出る。引きは50アップ程ではないが、グッドサイズ。上がって来たのは、スリムな45cmのバス。厳しいと想定していた状況の中で、53cmと45cm。満足の結果ということにしてボートを上げた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:メタニウムHG
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】灼熱の53cm

前回の釣行で4キロオーバーを釣ってから、およそ2週間。フィールドは、その間記録的な大雨と猛暑という過激な変化の中にあった。3連休は、37度越えの猛暑が予想され、体温を上回る状況であるが故に、外出を控えるようにとのことであったが、その最終日、万全の暑さ対策のもと、ボートを出した。大きめのクーラーボックス に強力な保冷剤を3つ。2リットルの水と2リットルのスポーツドリンク。凍らせた500mlのスポーツドリンク。そして、濡らして使う冷却タオル。冷却タオルや身体を冷やすようにとバーベキュー用タンクに水を入れた。これは、後に意味がなかったことに気付く。日焼け対策は、顔全体を覆うマスクとSKINS。ボートを出す頃には、すでに暑さが覆ってくる。

先週の大雨の影響からか、水の状態は悪い。下流域は浮きゴミがあちらこちらに浮いている。すっかり真夏のパターンということで、ボディーウォーターに絡むハンプに狙いを定めることにする。前回、4キロを釣ったスポットに入り、テキサスリグを投入。状況を探っていく。このあたりのスポットは、良い時はいいが悪い時は悪い。少しでも反応があってくれればと思いながら、キャストを続けていると、ググッと重くなるアタリが出た。来た!とアワセてから巻き上げていくと抵抗する力が強い。ネットを手にして浮き上らせようとしてから潜られ、というのを2、3回繰り返した後、無事ネットに収めることが出来た。53cmのグッドサイズ。午前中に狙い通りのサカナを手に出来、ホッとする。

水温は、朝の時点で29℃。風もほとんどない状態で陽が高くなるにつれて、30℃を超え午後には32℃を指していた。この水温ではシャローはほぼ壊滅だろう。一見、浮きゴミがあっておいしそうに見えるが、陽のあたる場所では影とはいえ30℃を超えているだろう。水の流れがあるか慢性的に影となっているような場所でなければ、シャローにいる意味はない。その後、橋桁をチェックしたのち、チャンネルをチェックということを繰り替えていくが、アタリはあるもののフックセットまでは持ち込めないまま時間が過ぎていく。暑さは尋常ではなく、バーベキュー用タンクの水は熱湯に変わっていた。それでも身体を濡らすと風が吹くと冷たく気持ちいいが、風という風は吹かないまま暑さだけが続く。こうなってくると集中力も続かない。早々に切り上げることにしてボートを上げた。

暑さ故にフィネスに傾倒しがちだが、バスは少ない労力で多くのカロリーを欲していることを忘れてはならない。特定のスポットをスローに攻める必要がある場合でも、必要以上にルアーを小さくする必要はない。それよりも、しっかりとしたウェイトでしっかりとアプローチした方がいい。釣りたいサイズを選んで釣る。それが実践できていることの満足度は何よりも変えがたい。暑さとの戦いでもある夏。今シーズンにもう一度くらいは挑んでみたいと思う。

ロッド:ロードランナーストラクチャー ST-680MH
リール:メタニウムHG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】夏!53cm含む4キロオーバー

5月のプリスポーンから2ヶ月。ハイシーズンのアフタースポーン狙いを期待しつつも、フィールドはすでに夏の装いだった。日曜日ということもあり、10艇以上のボートが出ている。水温は朝の時点で26℃。青野ダムは、ディープに近いシャローはカバーに乏しく、カバーのあるシャローは、ワンド内ということが少なくない。それ故に、真夏ともなれば表水面が30℃近くなるシャローからは基本的には姿を消す。シャローバスを狙うには、流れ込みか上流域しかないが、陸っぱりアングラーもいるため、どうしてもシャローは狙いにくくなる。適水温よりも若干高めだが、それでもシャローをうろつき伺っているバスがいるのではないかと期待し、バズベイトとジャークベイトを入れる。第二ダムは流れていたが、バズベイトとジャークベイトへの反応はなかった。中流域に差し掛かった頃には、シャローレンジの釣りに見切りをつけようかと思い始めていた。

夏のスポットといえば、定番のチャンネル絡みのハンプ。まずは、そこをチェックして夏パターンへの進み具合をチェックしてみることにする。ハンプまでの水深は6mほど。ベイトフィッシュのレンジが3m付近であることに鑑みれば、若干深いかなと思いつつ、テキサスリグを入れる。ハンプ周りを丁寧に攻めていると、フッという小さなアタリが出た。ゆっくりとリールを戻して一気にアワセると、グンッと重さが乗る。来た!引きは悪くない。慎重にやり取りし無事ネットに収めた。47cmのグッドコンディションのバス。狙っていたサイズだ。

午前中の内にグッドサイズを釣り上げ、一先ずホッとする。その後、ラバージグ、スピナーベイトを投入するもアタリなく、下流域に向かった。チャンネルと地形の変化が絡むスポットをディープクランクも入れながらチェックしていく。下流域ではやはり第二ダムが魅力的だ。地形変化多い下流側とカバーのある上流側、流れ込み下をチェックしていくが反応はない。やはりこれは真夏のパターン一本に絞るべきだ。そう判断し午後には、午前47cmを釣ったハンプに戻った。若干風が出てきて、ボート位置を午前とは変えて攻める。午前と同様にテキサスリグを入れていると、またフッといったアタリが出た。これだ!リールを戻して一気にアワセる。サイズ的には午前と同じくらいか?そう感じつつ寄せていくとボート際で一気に潜る。いや、これはデカイ。ドラグを出しながら浮いてくるのを待つ。つぎの浮きでネットに収めるつもりだが慎重さも欠かせない。浮いた時にネットに手繰り寄せて収めることが出来た。デカイ。53cmパンパンのバス。2本目もグッドサイズ。

まだ居る。そう確信し、今度はラバージグを投入する。ハンプ全体を舐めるようにバンプしていく。するとフッとジグが軽くなったと思った瞬間グッと重くなった。来た!一気にアワセるとバスの感触が伝わってくる。サイズは先程のバスほどではないが、悪くないサイズだ。ネットに収まったバスは、44cmのバスだった。その後、アタリも遠のいたので、場を休ませるために、青野川橋桁に移動する。ここは昨年の夏に50アップを釣った場所だ。そのイメージを蘇らせつつアプローチするが、反応はなかった。1時間程度を過ごした後にハンプスポットに戻る。テキサスリグを入れていくと、アタリは出るが乗らない。ジャンボグラブを食いきれないサイズなのだろうか。気になったので、1/2ozのTCメタルジグをバーチカルに入れてみる。するとすぐにヒットしたが、上がって来たのはグッドサイズのニゴイだった。何にせよ魚影が濃いというのはいいことだ。ラバージグに持ち替えてしばらくすると食ってきた。グングンと引く感触はバスに違いない。良し!とアワセると抵抗感が無くなってしまう。バレてしまった。その後、テキサスリグでアタリはあったが乗せられず、ボートも多いことから早めに切り上げることにした。

3本で余裕の4キロオーバー。釣果も釣り方も十分に満足出来る結果だった。この季節、青野ダムでは多くのアングラーがライトリグでシャローレンジからミドルレンジを釣っている。その釣りは、30cm前後のバスを釣るための常套手段であると言えるかもしれないが、残念ながらグッドコンディションのバスを高い確率で狙って釣ることは難しい。場所とタイミングがあえば、ジャンボグラブをトレーラーにしたラバージグでも十分に食ってくる。暑さとプレッシャーから、ライトでフィネスで、となりがちだが、もっと大胆にアプローチしてもバスは応えてくれる。こうしたポテンシャルが、青野ダムを実に面白いフィールドにしてくれる。スピニングを持つことをやめて5年以上。それでも青野ダムで高確率でグッドサイズを手にしていると自負している。釣るサイズは自分で選ぶことが出来る。その事を忘れてはいけない。

ロッド:ロードランナーストラクチャー ST-680MH
リール:メタニウム HG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:メタニウム HG
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】プリスポーン 47cm

水温17℃。ゴールデンウィークの中日ということで、釣り人は比較的少ないが、前半には多くの人が訪れ、結構叩かれている状況。加えて前日の雨と強風から濁りも出て来ており、シャローエリアのネストを目視で確認することは出来なかった。元々、ネストにいるバスは狙わない主義。プリスポーンのメスバスをターゲットに戦略を組む。基本的な戦略は2つ。

1つ目は、定番のセカンダリーエリアのカバー狙い。スポーニングエリアを望む場所にある、バスが立ち止まる場所。変化やカバーを狙う。2つ目は、シャローエリアや手前のエリアにウロウロするバスを狙う。これもカバーに付くバスが基本だが、巻物で流しながら、バスが付いているカバーにコンタクトすればラッキーといった釣りだ。スポーニングエリアがどの辺りになるのかは、大体の目星が付いているので、その手前の変化やカバーをジグやテキサスで狙っていく。そして、シャローの手前からクランク、スピナーベイトで流していき、最奥のカバーをジグ、テキサスでアプローチする。

スロープを出てから、上流に向かいながら、上記の手順で釣りあがっていく。遅めの出廷のため、すでに人が入った後のエリアを狙っていくことになるが、多くの人は、シャロー際を攻めているので、あえて一歩下がったエリアを探っていく。スポーニングエリアのシャローフラット手前に岬やカバーをクランク、ジグ、テキサスで探っていくが反応がない。そのまま、インターセクションまで上がって来た。水は満水の状態で、本来ならば見えているレイダウンも今は、目視で確認することはできない。こういった状況では、普段ど定番で叩かれるスポットが、一級スポットに化ける。大体、このあたりだろうとテキサスをキャストすると、手元にレイダウンとのコンタクトが伝わってくる。それを乗り越えて、ロッドを倒しながら落としていくと、ググッと反応が出る。一気にレイダウンから引き離すと、グイグイと強い引き。ネットに収まったのは、47cmのプリスポーンのメス。狙い通りのサカナだ。

この時期は、非常に難しい時期でもあるので、ボウズ覚悟で望んではいたものの、午前中にまずは一本取れたことで、心に少し余裕が出来る。丁寧にセカンダリースポットにアプローチしていくが、反応が無いままに時間が過ぎる。終了の時刻まで1時間。定番のスポーニングワンドに入る。どんつきのブロックには、午前中は陸っぱりアングラーがいたが、今はいない。レイダウンなどのカバーにスピナーベイトを絡めていく。排水管があるサンドバーにキャストして巻いていると、ゴンと当たる。オッと思った瞬間、40半ばのバスが手前にきて深場に消えていく。ミスバイトだ。バスが消えた先を見ると、沈んだ木が見える。少しきょりを起き、ゆっくりとタックルをライトテキサスに持ち替える。30秒ほど時間を取って、木の向こう側へキャスト。ゆっくりと引いてきて木を乗り越え、ちょうど木の股になる部分の影の部分にリグを落としていく。ココッというあたりが出てすかさず合わせるが、すっぽ抜けたのか木に化けてしまった。また暫く時間をあけてアプローチしたが反応なく終了となった。

風が強く吹き、途中雨にも降られる厳しい釣りとなったが、何とか狙い通りのプリスポーンのメスを釣ることが出来た。反省すべき点があるとするならば、最後のミスバイトのバスが教えてくれたように、もう少しセカンダリーカバーに執着した釣りを展開していった方が良かったのではないかと感じる。次回は、是非アフタースポーンを巻物で攻略していきたい。

ロッド:ロードランナー ST-680MH
リール:メタニウム HG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】台風一過の晩秋&激濁にメタルジグ

前回の夏の釣行から久しく、久々に釣りに行こうかと思っていた矢先に、大型台風が直撃、さらに翌週末も雨という不天候続きで、ついに11月に入ってからの釣行になってしまった。青野ダムでは、すでにワカサギ釣りも始まり、朝の冷え込みも相まって、すっかり晩秋の装いとなっていた。ボートを湖面に浮かべると、すでに多くのボートが浮いている。みな天候の回復を待って、乗り出したといった感じだろうか。

青野ダムの状況としては、水温は朝の時点で15℃を下回る。すっかりと水温も落ちてしまった。そして、何よりも水質だ。台風の影響からか一気にターンオーバーが進んだような感じだが、ターンオーバーと異なる点としては、浮ゴミの多さと湖全体が同じように濁っていることだ。ターンオーバーの濁りに豪雨の濁りが混ざったような感じだ。ベイトの状況を確認しながら、まずは中流域を目指す。

晩秋のパターンとしては、まずベイト。ベイトを留めるフラットかハンプ、それに絡む縦ストラクチャーだ。岬が定番といえば定番だが、青野ダムには、他にも魅力的なハンプがある。ハンプが魅力的である理由は、岬周辺にはやはり陸っぱりアングラーやヘラブナ師がいるし、岬に比べて視覚的に分かりにくいことから、スレにくいという点がある。しかし、有名どころのハンプには、やはり先行者がいる。ベイトの状況を確認しながらボートを進める。

ベイトのレンジは4m〜5m。これに絡む地形の変化が狙い所とアタリを付ける。まずは、5mダイバーのクランクを通し、ブレイクにあるだろうゴロタ石をテキサスで探り、ハンプはジグで流していく。しかし、アタリはない。一応、ベイトボールが確認できることから、それに付いているであろう回遊系バスをメタルジグとスピナーベイトで狙っていくも、アタリはない。やはり、ニゴリの影響だろうか。カバーやストラクチャーにタイトに付いていることを想定し、シャローを打つことも考えるが、陸っぱりアングラーやヘラブナ師により、狙えるストレッチは限定的だ。

そこで、沖の変化にタイトに付いているバスをリアクションで釣る方針に切り替える。水深5m前後にあるブレイクなどの縦ストラクチャーにメタルジグの1/2ozをバーチカルに落としていく。すると、間もなくヒットする。一見、バスらしくない引きだったが、上がってきたのはコンディションのよい35cmのバス。このパターンを基本に通していくことにする。

このパターンは、正直数が勝負だ。いかにバスの目の前にジグを落としていけるかに掛かっている。それを覚悟して、ひたすらにジグを落としていく。類似したエリアを周りながら、丁寧に探っていくが、そのままアタリなく終了となってしまった。釣果としては、決して十分ではない釣果であったが、全体的なコンディションの中で、晩秋定番のメタルジグで釣れたことには意義がある。サイズ的には満足できるものではないものの、まずまずの結果ではなかったかと思う。

これからの時期は、バスの浮き沈みが激しくなる。そういった状況を的確に見極めながら、巻物からジグまでを上手く使いながら、シーズナルなパターンにマッチした釣り方で、本来のバス釣りを楽しみたいと思う。

ロッド:ダイコードレッドノート BRDC-65MX
リール:アブガルシア Revo LTX-L
ルアー:TOROS CUSTOM メタルジグ TC-METAL 1/2oz

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】真夏の56cm&44cm

3ヵ月ぶりの釣行。水温は朝の時点で29℃。ワンド内ではアオコのようなものも漂い、匂いを発している。すっかり夏の装いだ。朝一から下流域は、ガイドが周るということから、邪魔にならないように上流部に向かう。夏の定番エリアであるボディチャンネルに絡むハンプをチェックする。スポット攻めということもあって、ボトムをしっかり取れるように11gのテキサスで探る。しかし、全く反応がない。このシーズンでこのスポットに反応がないのはおかしい。何か嫌な予感が漂う。その後、ハンプのゴロタエリアを丁寧に探るも、6インチグラブでは食い切れない大きさなのか小さなアタリがあるのみだった。

何か違う。そう感じて昼前にして一旦下流域に降りる。チャンネルに岬やブレイク、ハンプが絡むエリアをチェックしていくが、相変わらず乗り切らないアタリがあるばかりだった。ヒットがないままに午後に入る。上流域にある橋桁は、多くの人がいる。それを横目にチャンネルのハンプを探っていく。橋桁の人がだいぶはけてきたので、橋桁に向かう。フォールで狙うために、センコーを準備。テキサスのシンカーも5gに変えた。ジグ、テキサス、センコーとシャローのカバーに落としていくが反応はない。そのまま橋桁に差し掛かり、橋桁にセンコーをフォールさせるも、アタリはない。そのまま橋桁を通り過ぎ、おもむろにテキサスに持ち替えて下流位置から橋桁を狙う。カーブフォールさせていき、着底するかしないかでグッと重くなる。根掛かりか?とかんじたが、すぐに生命感があることに気付く。その瞬間強い引きに変わった。その引きはバスのものとは思えなかった。コイか?スレか?そう感じながらも、ドラグを慎重に調整し上がってくるのを待つ。ようやく見せた魚体は、間違いなくバスだ。それもデカイ。一気に緊張が走るが過剰に焦ることなくネットに収めることが出来た。56cmの見事なバスだった。もう一方の橋桁を攻めていた人に写真を撮ってもらう。持っているだけでも腕が疲れるくらいのグッドサイズだった。

その時点で14:30を過ぎていた。しばらく橋桁をチェックしたのち、少しづつ下っていくことにした。朝イチに入って反応がなかったチャンネルに絡むハンプエリア。捨てきれず再度チェックする。テキサスは5gなので、風が吹く中でうまくハンプのアタマを捉えることが出来ない。11gのジグに持ち帰る。トレーラーは6インチグラブ。風向きの関係からハンプ側にボートを付けディープ側にキャストする。ハンプのゴロタを感じながらバンプさせる。次の瞬間、ココッとアタリが出る。すかさずアワセると引きを感じた。先程の56cm程ではないが、それなりの引き。落ち着いてネットに収めた。44cmのグッドコンディションのバス。フックセットは上顎を完璧に捉えていた。アタリからアワセ、フックセットまで、まるでジグのお手本のような釣れ方だった。

下流上流を何度も行き来したせいか、バッテリーが弱ってきている。スロープまで時間が掛かりそうなので、そのまま下流に向かい納竿となった。2バイト、2フィッシュで、56cmと44cm。青野ダムは、サイズを選ばなければ数釣りも楽しめる。しかし、自分の釣り方はクオリティ重視。そのためボウズも辞さないような釣り方。その攻めの釣りが功を奏しているのか、釣行回数の割に50アップ率が高い。一匹が出れば、それまでの苦労も全てチャラ。バス釣りの面白さの重要な要素のひとつ。青野ダムは難しい。しかし、これがあるから辞められないのだ。

56cm
ロッド:ロードランナー ST-70H
リール:メタニウム HG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ

青野ダム 56cm

44cm
ロッド:ロードランナー ST-680MH
リール:メタニウム HG
ルアー:ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG 3/8oz +ジャンボグラブ

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】メタルジグで51cm

クリスマス3連休の初日。12月にしては比較的暖かい日が続いていた。しかし、前回の釣行から、およそ1ヶ月。青野ダムは、水温も10℃を示し、いよいよ冬の装いを呈していた。ワカサギ釣りの人達が湖に出たあと、9時を過ぎての出廷となった。基本的には、10mレンジを軸に、その前後を探り、状況を見てシャローレンジをチェックする基本戦略を立てる。冬といえば、水深があってワカサギが集まりやすい下流域のダムサイトが定番ではある。しかし、前回までに調子の良かった上流域のハンプも一応チェックしておきたい。そこはないと思ってはいるものの、実際に確認しておかなければ、明確に切り捨てることができないと感じていた。朝一にチェックして、切り捨てるなら切り捨てる。その思いで上流部に向かう。クオリティフィッシュを連発するチャンネルに絡むハンプエリア。ベイトの反応は、あまり良くない。その後、ラバージグでスローにチェックした後、メタルジグで直撃してみるものの反応はない。あまり時間を費やすことなく、見極めて下流域に向かった。

ダムサイトまで降りてくると、やはりベイトの反応がいい。あとは、レンジの見極めだ。1/2ozのメタルジグを8mレンジから徐々にレンジを落としてチェックしていく。すると10mレンジでニゴイがヒットする。魚探の反応もやはり10mレンジに出ている。10mになると、そこにはもはや光は届いていない。それは、視覚による認識を奪い、水流の動きが中心になる。故に、ラバージグではやはり弱い。ワームとなると、もってのほか。これだけ本物のワカサギがいる中で、ワカサギライクに見せることの意味は、ほとんどない。メタルジグやバイブレーションなどのリアクション。ディープはこの2パターンの戦術に絞る。エリアを探るにはバイブレーションをキャストしてボトムまで落としてリフト&フォール。スポットをバーチカルに攻めるなら、メタルジグを入れていく。しかし、バスからの反応はなかった。

午後に近づくと風が強まってきた。橋の掛かる風裏部分には、いい感じにシャローカバーがある。もしかすると上がっている可能性があるかもしれない。スピナーベイトをシャローレンジからリフト&フォールで落とし、カバーの奥はラバージグを入れていく。しかし、ここでも反応はなかった。ベイトの反応は10m。バスは、その下の12m付近か。まずは、それより深いレンジをチェックする。15mより深いエリアをチェックしていくが、反応はない。ここで、10mより浅いレンジは、シャローのみ。13mより深いエリアは切り捨てるという方針とする。

途中、雨が降り出し風はますます強くなっていった。もう一度風裏となる橋のあるエリアに避難しシャローレンジをチェックする。それから、ダムサイトに向けて、10m〜13mのレンジをチェックしていく。すると12m付近にいい感じの魚影が映る。バスそのものというより、ボトム付近にちょろちょろ映るあれだ。僅かではあるが、ボトムの変化も絡んでいそうだ。すかさず、メタルジグをバーチカルに落としていく。しゃくり上げて落とすを繰り返していると、グッと重くなる。根掛かりか?と感じたが、巻けば上がってくる。木の枝か何かを引っ掛けたか。その感覚で巻き上げていく。すると突然、魚体が見えた。でかい!すかさずネットを手にして、その中に収めた。バスは一度も抵抗することなく、ネットの中に収まった。それは、51cmのグッドコンディションのバスだった。50クラスが出るならシャローと踏んでいたが、まさかのディープエリアだった。

サカナだと気づけば、ゆっくりと上げていたが、木の枝かと思っていたため、早く上げ過ぎた。近くにいたボートの人の助けを借りて、エア抜き等の処置を施し、ルアー回収器を使い、ディープエリアに返すことができた。釣り納めとしては、申し分ないサイズが出た。また、冬の定番ともいえるメタルジグで釣ったこともいい。

「30cm以下は、バスに非ず」。この基本方針に従って、クオリティフィッシュに狙いを定めた1年。釣行回数は少なかったが、比較的いいペースでクオリティフィッシュを釣り上げられた。ルアーもシーズナル、かつ状況に応じて色々と使い実績を上げたことも大きい。青野ダムは、決して簡単なフィールドではないが、奥深さと面白さを秘めたフィールドであることに間違いはない。メジャーでタフだからといって、ライトリグ一辺倒になる必要がないことを、改めて実感できた1年だった。来年も、青野ダムを満喫していきたいと感じ、納竿した。

ロッド: ロードランナー LTT650M
リール: メタニウムHG
ルアー: メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】晩秋もラバージグ

11月も末。いよいよ秋も終わりを告げ、冬がそこまで来ているといった感じの青野ダム。魚探の水温計は14℃を示しており、決して冬といった水温ではないが、バスの適水温は、大きく下回って来た。体力のある個体は、まだまだ捕食意欲があるだろうが、30cmクラスのアベレージサイズ以下は、徐々に活性を落としていく。それ故に、難しくなる傾向にあるが、逆に狙いをクオリティフィッシュに定めるべきと、割り切れる部分もある。

基本は、リアンクションベースで考える。5m〜8mをターゲットレンジとして捉え、午後の安定する時間帯は、シャローレンジもチェックするという基本的な戦略を立てる。用意したリグは、メタルジグ、ラバージグ、スピナーベイト。いつもの通り、スピニング、ライトリグはない。この時期は、何と言ってもベイト。ベイトがたまりやすいハンプやフラットをチェックし、ベイトが良さげならば、バスはいる。青野ダムは、地形先行型のフィールドだから、まずは地形ありきになるが、この時期はいくら地形が良くてもベイトがいなければ、意味がない。ボディーウォーターに絡むハンプやフラットなどの変化をチェックしながら、上流部へ向かう。

第二ダムの入口や加茂山第二公演前をチェックするも、ベイト色が乏しい。また、ディープが寄っているシャローレンジをスピナーベイトでチェックするが、反応はなかった。島周りから上のエリアには、ベイトがいい感じに映る。この辺りが良さげだとアタリをつける。まずは、ハンプをメタルジグで直撃する。5mから8mまでをボートで流しながら、チェックしていく。

暫くすると、ニゴイがヒットする。生命感はあるらしい。そのまま継続していると、6m付近でバスがヒット。しかし、コンディションは良かったが、30cmクラスのバスだった。その後、反応は遠のいていく。途中、他のボートでもヒットしているのを見たが、やはり30cmクラス。レンジが違うのか、攻め方が違うのか。それを決めかねつつ、午後からは下流へのエリアを移す。

第二ダム付近まで降りてくるが、何かやはりパッとしない。自分への迷いを消すため、リグはメタルジグとスピナーベイトに絞ったが、反応は薄い。時刻は14時を回った。やはり、午前のエリアが雰囲気がいい。最後にもう一度チェックしてみようと上がる。丁度、風が吹き始め、ハンプの上に乗っかるようにベイトが映る。これだよ、これ。メタルジグではサイズが出ないと判断し、ラバージグをもう一度結ぶ。ベイトに付いて中層に浮いていることを想定し、ウェイトは1/4ozに落とし、トレーラーは相変わらずのジャンボグラブをセット。ハンプに乗せるようにキャストしてボトムまで落とす。

ジグがボトムに落ちたかどうかというタイミングでバイトが出る。グンッグンッと引いた後、生命感が無くなる。バレた。痛恨のバラシ。しまったと呆然としていると、すぐにまたバイトが出る。また食って来た!すかさずフックセットに持ち込む。上がって来たのは、46cm、1200kgオーバーのグッドコンディションのバス。狙っていたのはこれだ。

バスをリリースした後、またハンプに乗せるとバイトが出る。また来た!と感じたものの、また離してしまう。追い食いするかもと、そのままにしておいたが、バイトが出ることはなかった。その後、メタルジグやスピナーベイトなどを入れていくが、バイトが出ることはなかった。ベイトと風といったタイミングがあったせいか、状態のいいバスがいた。水温が下がって来たとはいえ、まだまだ食い気十分の状態だと実感できた。

アングラーは、自分の体感からフィールドコンディションを過小評価しすぎる傾向にある。そして、アプローチがライトリグなどスローで小さくなりがちだ。しかし、状態のいいバスは何処かにいる。そのことを忘れてはいけないし、やはりそういったバスを狙っていきたい。青野ダムでのラバージグは、まだまだこれからといった感じだ。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Football + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る