【青野ダム】時合い釣り 50アップ×2本&40アップ×3本

秋らしさを増しているとはいえ、気温は例年よりも下がっては行かない。晩秋といえるシーズンではあるが、秋パターンを追える時期であるには違いない。前回は、あらゆるケースを想定したタックルを準備したが、今回はベイトに付くバス狙い。ハンプやフラット狙いを中心としたタックルを揃えた。朝は冷え込みが厳しく、まるで冬の様。しかし、いざボートを出してみると水温は18℃を指しており、まだまだ適水温であるといえる。水温との気温差の大きさからか、霧がひどい。対岸のショアラインはもちろん、10m先も見えないほどだ。

土曜日ということもあって、慣れていないアングラーはダムサイト側に回っていくだろう。ダムサイトではワカサギ釣りもあり、ここまで視界が悪いとルアーキャストもままならない。安全性を考慮して、早速中流域を目指すことにする。ところが、ショアラインが見えない状況で経験だけで操船することは想像以上に不安にさせるものだった。島周りを超えて中流域のボディチャネルに差し掛かった頃、太陽の日差しが霧を晴らしていった。

まずは、ボディチャネルにあるハンプ周りのベイトをチェックする。思っていたよりも少ないという印象のまま、ハンプにテキサスリグをキャストする。アタリはあるが小さい。何度かあったアタリを捉えると29cmの小柄なバスだった。これではない。霧もスッキリとはれたので、ショアラインにボートを移す。尼寺側の支流入り口のレイダウン。その根本にテキサスリグを入れる。すぐさまバイトがあったが、上がってきたのは31cmのバス。期待外れだ。そのままショアラインを流しながら、青野川側に周る。反応が薄いので、再度ボディチャネルのハンプに入る。3m〜5mラインにベイトが映っている。これはハンプの水深から見てもベストなレンジだ。しかし、反応は薄いまま時間が過ぎていった。11時になろうかとする頃、風が吹き始め状況が動く。アタリは小さいがルアーを持っていくアタリが出る。しっかりとアワセて見るとこれまでとは異なる引き。上がってきたのは50cmに1cm足らないグッドコンディションの49cm。いい感じだ。続いてハンプにキャストを続けると程なくアタリが出る。少し小ぶりだがコンディションのいい44cm。

ベイトもいい感じに映り、風もふいている。まさに時合いだといえる。このチャンスを逃してはならないと攻め続ける。風上にボートバウを向け、アップヒルでテキサスリグを入れていく。ステイさせて次のアクションを加えた瞬間、ツンッとアタリが出る。アタリ自体は30cmクラスかと思ったものの引きはグイグイと増していく。そしてネットに収まったサイズは、ついに出た。52cm。立て続けの3本。朝の無反応が嘘の様だ。しかし、風がやむかベイトのうごきが止まったか、反応は無くなってしまう。

午後になってから風がやみ、ベイトの動きも遠ざかってしまう。それでもこのハンプに再度そのタイミングが訪れることを信じて攻め続ける。時間潰し的にハンプ周りにクランクベイト、スピナーベイトを入れるが反応はない。テキサスリグを入れると、朝一のように27cmが食ってきた。朝一のパターンだなと感じつつ、メタルジグを投入してみたが、やはり上がってきたのは、31cmのバスだった。反応が薄い時間が過ぎていく。昼食を取りつつ、状況が変化するのを待つ。すると14時を過ぎたあたりから、風が吹き始める。これはいい。ベイトもいい感じに映ってきている。テキサスリグには見慣れているかもしれない。ここはラバージグだとタックルを持ち替える。ハンプ上を小さくバンプさせるように誘っていく。コッというアタリをすかさずアワセる。悪くない引き。上がってきたのは、44cmのバス。50cmには満たないが、悪くないサイズだ。

50アップを含む40アップ4本。十分に満足できる釣果であるといえる。休日ということもあって、早めにボートを上げることも考えた。しかし、ここまできたら5本揃えたい。また、今の状況であれば可能だろう。根拠のない自信があった。風が止む前に、とハンプにラバージグを入れていく。ココッというアタリに、ついに来た!とアワセる。悪くない引き。40アップは間違いない。ネットに収まったサイズは、52cm。ダメ押しの50アップ。

52cm×2本、49cm、44cm×2本の計5本。30クラスは4本と数にすると9本。十分な釣果だ。まだ時間があったが、早々にボートを上げることにし、スロープに向かった。今回の釣りは、まさに時合いの釣り。タイミングがすべてだった。時間でいうと11時と14時。ベイトが周ってくるタイミングだろうか。以前、スモールマウス中心のアメリカ西岸のコロンビアリバーで釣りをしたとき、地元アングラーが「シャローにワーッときてワーッと帰っていく。それを待って狙う」といっていたことを思い出す。まさに、そんな感じだ。活性は決して悪くはない。しかし、タイミングが合わなければ口を使わせることが難しい。時合いが来れば、テンポよく釣っていく。ライトリグをゆっくりと落として釣るには効率が悪すぎる。ラバージグで広く探っていくのが正解だ。秋らしい十分すぎる釣果。バスの動きが少ない真夏や真冬と異なり、状況は刻一刻と動いていく。その状況に合わせて手返しよくアプローチしていく。それが攻略のキモだといえる。水温は、まだまだ下り切る気配がない。もう少し時合いの釣りが楽しめそうだ。

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し) + ジャンボグラブ

ロッド:ドレッドノート BRDC69M
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド:ロードランナー HB640ML
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】49cm in ターンオーバー

前回の釣行は真夏の大減水だった。9月も半ばを過ぎた三連休最終日。9月初旬からの記録的な台風と大雨が続き、おそらく満水状態になっているだろうと想定。水温も適水温となっているだろうことから、シャローレンジの巻物もあり得るし、ベイトボールが確認出来れば、中層狙いもカギとなってくる。こうしたことから、準備するタックルの数は自然と増えてしまう。

7時過ぎにボートを出してみると、水温は、およそ24℃で適水温。増水しほぼ満水状態であることには違いないが、アオコが発生し水が悪い。ワンド内を出てみても、ボートの引き波の泡が消えない。ターンオーバーが発生して、決して良いという状態とはいえない。状況は想定と少し異なっていたが、それでもベイト次第では期待できるとボートを進めた。

秋の定番スポットである岬周りを、クランクベイトでチェック。ジグをフォローで入れていく。しかし岸側は、アオコが寄っていてさらに水が悪い。クランクベイトのレンジを下げて岬周りをチェックしながら上流へ向かう。第二ダムは流れていた。ターンオーバーの発生した湖では、その影響を受けないエリアか回復が早いエリアが狙い目となる。流れ込みは、回復を早めるが、第二ダムもターンオーバーを発生しているとしたら、汚れた水が流れ込むことになるため期待は薄い。しかし、第二ダムエリアの入り口は、地形の変化に富んでいる。岬状の地形を意識しながら、クランクベイトとジグでチェックしていく。しかし、このエリアで明確なベイトは確認出来なかった。やはり、この時期のベイトはしっかりと映らないと魅力がない。早々に見切りを付けて移動する。

岸際には、オカッパリアングラーとヘラ師が並ぶ。シャローエリアを流していくことは難しい。また、水の回復が早いエリアといえば、流れがあるメインチャネル。ベイトのレンジにあった地形変化にターゲットを移す。先月の釣行で50アップを釣り上げた場所。メインチャネルの流れもあるし、増水でレンジは変わっているものの逆に悪くない。ハンプエリアは、ベイトを待ち伏せるには丁度いいはずだ。テキサスリグでブレイクを丁寧にチェック。ハンプはジグで探っていく。すぐにテキサスにアタリが出るが、上がってきたのは25cmのバス。体格はいいが狙っているのはこれではない。メタルジグを投入しチェックしていくとすぐにニゴイが釣れた。しかし、その後キャストを続けるもののアタリはない。もう少しベイトの影が欲しい。もう一方のチャネルである尼寺側に移動する。

尼寺前から流れ込む岸際のレイダウンをチェック。アタリはあるが小さいため乗らない。粘らず見切ることにする。チャンネルからシャローにかけての地形変化を探っていくがアタリはない。状態は悪くないがパッとしない。やはり、小さいものの25cmが釣れニゴイというサカナの反応があったエリアに分がある。再度、チェックしていくとベイトが映っている。条件は揃ってきているが、ベタ凪なのが良くない。これで風が吹けば状況は変わるはずだ。そうやってチェックしていると、わずかに風が吹き始める。今がチャンスとブレイクを狙っていく。すると、ツッという小さいアタリが出る。これは?と迷ったが、アワセてみる。グッと重さが乗ってバスだと分かる。これはグッドサイズだ。ネットに収まったのは、49cm。50までに1cm足らなかったが狙っていたサイズだ。

風が吹いている時間は長くなかった。風が止むと雨がパラつき始めた。ジグでハンプからブレイクを探っていくと、フッというアタリが出る。今度はすかさずアワセていく。引きは強くないが悪くない。上がってきたのは、34cmのグッドコンディションのバス。今が時合いとキャストを続けるがアタリは続かなかった。その後、場を休ませる意味もあり、一旦下流域に移動する。第二ダムやスロープ前のハンプを探るが、やはり水の状態もベイトの状態も良くない。再び中流域のメインチャネルに移動する。時間までキャストを続けるものの、状況に変化なくタイムアップとなった。

ターンオーバーと適水温という判断しずらい状況の中で、狙っていたサイズを上げれたことは大きい。また、当初想定していた状況と実際の状況が異なることは良くあること。アタリはとても小さく、決してコンディションは良いとはいえない状況であったが、比較的うまく補正していくことが出来たと思う。後になっての反省点としては、絞り込んだエリアの狙い方にもう少し幅を持たせても面白かったのではないかという点だ。秋は荒食いというが、一方で水の状態やベイトの状態に引きずられるためレンジ調整の難しさもある。その難しさを逆に楽しんでいける釣り方を目指したい。

ロッド: ドレッドノート BRDC69MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ 1/4oz+ジャンボグラブ

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール: Revo MGX-SHS L
ルアー: TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】大減水の青野ダムで53cm+45cm

正に酷暑の夏も、小休憩かのように例年並みの気温予想となったお盆明けの休日。気温は15℃。朝は、すでに秋を思わせるような装いだった。ウインドブレーカを羽織っての準備となったが船を出す7時を過ぎると夏ような暑さが戻ってきた。青野ダムは、大減水中。岸際を見渡すと、ざっと2mくらいの減水となっているようだ。前回、50アップを釣ったスポットは、当然ながら状況が変わっているはず。決して簡単ではない展開を予想した。

ボートを出すと早速中流域に向かう。水温は、27.5℃。真夏とは言えないが、決して適水温でもない。微妙な感じだが、この水温も昼間には30℃近くに上がってくるだろう。やはり、まずは夏のパターンで推してみることにする。夏の定番は、支流からの流れがボディチャネルにぶつかるエリアだ。まずは、そういったホットスポットをチェックすることで、その日の状況を掴むことが出来る。前回、50アップを釣ったスポットは、水深が4mを切っていた。水深は、浅くなってはいるが、その分、水温が下がっている。まずは、前回と同じスポットを探って行く。

このスポットは、居れば食うスポット。テキサスでボトムの変化をじっくりと探って行くが反応がない。やはり、前回とは状況が変わっているのか。しばらく探ってみたものの反応がない。一旦、その場所を離れて、橋脚を狙うことにする。橋脚といっても、そのものを狙うのではない。その土台となる部分を狙って行く。このエリアも夏に50アップの実績のあるエリアだ。橋桁からチャンネルに落ちるブレイクをテキサスとラバージグで探って行くが反応はない。ここは時間を費やすエリアではないので、尼寺の支流に移動する。

支流の入り口にあるレイダウン。減水ですっかりと姿を表しているが、まだその大半は水に使っている。ここも春に47cmを上げた場所。付いている時にはいる。根本付近にテキサスを落として行くとアタリは出るが、グラブのテールを取られる程度。サイズ的には大きくないようだ。バスは、そのサイズによって住み分けをしていると考えている。ボウズ回避のために、どうしてもアタリが出やすい小バスのエリアに執着しがちだが、それは自分にとっては罠だ。故に25cmクラスの釣れるエリアは見切ることにしている。これは、50アップをコンスタントに釣るためのコツであるともいえる。

レイダウンの対岸からフラットに続く沖側の変化を釣って行く。ここでもアタリは出るが、ジャンボグラブやラバージグを食いきれる大きさではないようだ。近くにいたアングラーがやはり25cmクラスを釣っていた。やはり、こういったエリアではないようだ。そこも見切りをつけて、もう少し沖側の深い水深を釣って行くが反応はなかった。11時を過ぎた頃から、朝一のスポットに向けて風が吹き始めた。これは状況が動くはず。そう感じ取り朝一のスポットに入り直す。いい感じに風が吹いている。いつもの定番スポットより、もう一段階深いエリアを狙うイメージ。明確なブレイクを釣るというよりも、ハンプを釣るイメージなので、ラバージグをバンプさせる感じで釣って行く。

すると、ググッとアタリが出る。来た!とすぐさまアワせる。バスの重さが乗ってくる。これはグッドサイズだ。バスは突っ込むことなく浮き上がってくる。跳ねると感じ、ロッドを下げた瞬間、エラ洗い一発、フックは外れてしまった。40後半は確実なサイズ。「今日はもう終わったかもしれない」。厳しくなると感じていただけあって、ショックが隠しきれない。しかし、風は止まない。チャンスはまだ有るとすかさずラバージグを入れると、すぐにアタリが出るが乗らない。続けてハンプをアップヒルで狙って行く。するとグッとアタリが出る。来た!とアワセると、今度は深場に潜って行く。ラインテンションを緩めることなく、しっかりとアワセを入れながら、吹き上がって来たところをネットに収めた。デカイ!。50後半を期待したが、53cmの頭デッカチのバス。ネットに収めた瞬間にラバージグはポロリと外れた。危なかった。

その後、風向きが代わり状況が変わったかのように感じた。少し場を休ませようと離れることにした。またフックが鈍っているような感じがしたことから、ラバージグを付け替えた。その日、朝から何度か根掛かりを外していたが、こうした繰り返しでフックは確実に鈍っていく。しばらくエリアを転々とし、ルアーも各種試したが新しい発見はなかった。その日は、三田の花火大会があって夕方から交通規制が入ると聞いていたこともあって、早く上がる予定でいたことから、最後に53cmを釣ったエリアに入り直す。同じようにハンプを釣って行くと、明確なアタリが出る。引きは50アップ程ではないが、グッドサイズ。上がって来たのは、スリムな45cmのバス。厳しいと想定していた状況の中で、53cmと45cm。満足の結果ということにしてボートを上げた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:メタニウムHG
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】夏!53cm含む4キロオーバー

5月のプリスポーンから2ヶ月。ハイシーズンのアフタースポーン狙いを期待しつつも、フィールドはすでに夏の装いだった。日曜日ということもあり、10艇以上のボートが出ている。水温は朝の時点で26℃。青野ダムは、ディープに近いシャローはカバーに乏しく、カバーのあるシャローは、ワンド内ということが少なくない。それ故に、真夏ともなれば表水面が30℃近くなるシャローからは基本的には姿を消す。シャローバスを狙うには、流れ込みか上流域しかないが、陸っぱりアングラーもいるため、どうしてもシャローは狙いにくくなる。適水温よりも若干高めだが、それでもシャローをうろつき伺っているバスがいるのではないかと期待し、バズベイトとジャークベイトを入れる。第二ダムは流れていたが、バズベイトとジャークベイトへの反応はなかった。中流域に差し掛かった頃には、シャローレンジの釣りに見切りをつけようかと思い始めていた。

夏のスポットといえば、定番のチャンネル絡みのハンプ。まずは、そこをチェックして夏パターンへの進み具合をチェックしてみることにする。ハンプまでの水深は6mほど。ベイトフィッシュのレンジが3m付近であることに鑑みれば、若干深いかなと思いつつ、テキサスリグを入れる。ハンプ周りを丁寧に攻めていると、フッという小さなアタリが出た。ゆっくりとリールを戻して一気にアワセると、グンッと重さが乗る。来た!引きは悪くない。慎重にやり取りし無事ネットに収めた。47cmのグッドコンディションのバス。狙っていたサイズだ。

午前中の内にグッドサイズを釣り上げ、一先ずホッとする。その後、ラバージグ、スピナーベイトを投入するもアタリなく、下流域に向かった。チャンネルと地形の変化が絡むスポットをディープクランクも入れながらチェックしていく。下流域ではやはり第二ダムが魅力的だ。地形変化多い下流側とカバーのある上流側、流れ込み下をチェックしていくが反応はない。やはりこれは真夏のパターン一本に絞るべきだ。そう判断し午後には、午前47cmを釣ったハンプに戻った。若干風が出てきて、ボート位置を午前とは変えて攻める。午前と同様にテキサスリグを入れていると、またフッといったアタリが出た。これだ!リールを戻して一気にアワセる。サイズ的には午前と同じくらいか?そう感じつつ寄せていくとボート際で一気に潜る。いや、これはデカイ。ドラグを出しながら浮いてくるのを待つ。つぎの浮きでネットに収めるつもりだが慎重さも欠かせない。浮いた時にネットに手繰り寄せて収めることが出来た。デカイ。53cmパンパンのバス。2本目もグッドサイズ。

まだ居る。そう確信し、今度はラバージグを投入する。ハンプ全体を舐めるようにバンプしていく。するとフッとジグが軽くなったと思った瞬間グッと重くなった。来た!一気にアワセるとバスの感触が伝わってくる。サイズは先程のバスほどではないが、悪くないサイズだ。ネットに収まったバスは、44cmのバスだった。その後、アタリも遠のいたので、場を休ませるために、青野川橋桁に移動する。ここは昨年の夏に50アップを釣った場所だ。そのイメージを蘇らせつつアプローチするが、反応はなかった。1時間程度を過ごした後にハンプスポットに戻る。テキサスリグを入れていくと、アタリは出るが乗らない。ジャンボグラブを食いきれないサイズなのだろうか。気になったので、1/2ozのTCメタルジグをバーチカルに入れてみる。するとすぐにヒットしたが、上がって来たのはグッドサイズのニゴイだった。何にせよ魚影が濃いというのはいいことだ。ラバージグに持ち替えてしばらくすると食ってきた。グングンと引く感触はバスに違いない。良し!とアワセると抵抗感が無くなってしまう。バレてしまった。その後、テキサスリグでアタリはあったが乗せられず、ボートも多いことから早めに切り上げることにした。

3本で余裕の4キロオーバー。釣果も釣り方も十分に満足出来る結果だった。この季節、青野ダムでは多くのアングラーがライトリグでシャローレンジからミドルレンジを釣っている。その釣りは、30cm前後のバスを釣るための常套手段であると言えるかもしれないが、残念ながらグッドコンディションのバスを高い確率で狙って釣ることは難しい。場所とタイミングがあえば、ジャンボグラブをトレーラーにしたラバージグでも十分に食ってくる。暑さとプレッシャーから、ライトでフィネスで、となりがちだが、もっと大胆にアプローチしてもバスは応えてくれる。こうしたポテンシャルが、青野ダムを実に面白いフィールドにしてくれる。スピニングを持つことをやめて5年以上。それでも青野ダムで高確率でグッドサイズを手にしていると自負している。釣るサイズは自分で選ぶことが出来る。その事を忘れてはいけない。

ロッド:ロードランナーストラクチャー ST-680MH
リール:メタニウム HG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:メタニウム HG
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】真夏の56cm&44cm

3ヵ月ぶりの釣行。水温は朝の時点で29℃。ワンド内ではアオコのようなものも漂い、匂いを発している。すっかり夏の装いだ。朝一から下流域は、ガイドが周るということから、邪魔にならないように上流部に向かう。夏の定番エリアであるボディチャンネルに絡むハンプをチェックする。スポット攻めということもあって、ボトムをしっかり取れるように11gのテキサスで探る。しかし、全く反応がない。このシーズンでこのスポットに反応がないのはおかしい。何か嫌な予感が漂う。その後、ハンプのゴロタエリアを丁寧に探るも、6インチグラブでは食い切れない大きさなのか小さなアタリがあるのみだった。

何か違う。そう感じて昼前にして一旦下流域に降りる。チャンネルに岬やブレイク、ハンプが絡むエリアをチェックしていくが、相変わらず乗り切らないアタリがあるばかりだった。ヒットがないままに午後に入る。上流域にある橋桁は、多くの人がいる。それを横目にチャンネルのハンプを探っていく。橋桁の人がだいぶはけてきたので、橋桁に向かう。フォールで狙うために、センコーを準備。テキサスのシンカーも5gに変えた。ジグ、テキサス、センコーとシャローのカバーに落としていくが反応はない。そのまま橋桁に差し掛かり、橋桁にセンコーをフォールさせるも、アタリはない。そのまま橋桁を通り過ぎ、おもむろにテキサスに持ち替えて下流位置から橋桁を狙う。カーブフォールさせていき、着底するかしないかでグッと重くなる。根掛かりか?とかんじたが、すぐに生命感があることに気付く。その瞬間強い引きに変わった。その引きはバスのものとは思えなかった。コイか?スレか?そう感じながらも、ドラグを慎重に調整し上がってくるのを待つ。ようやく見せた魚体は、間違いなくバスだ。それもデカイ。一気に緊張が走るが過剰に焦ることなくネットに収めることが出来た。56cmの見事なバスだった。もう一方の橋桁を攻めていた人に写真を撮ってもらう。持っているだけでも腕が疲れるくらいのグッドサイズだった。

その時点で14:30を過ぎていた。しばらく橋桁をチェックしたのち、少しづつ下っていくことにした。朝イチに入って反応がなかったチャンネルに絡むハンプエリア。捨てきれず再度チェックする。テキサスは5gなので、風が吹く中でうまくハンプのアタマを捉えることが出来ない。11gのジグに持ち帰る。トレーラーは6インチグラブ。風向きの関係からハンプ側にボートを付けディープ側にキャストする。ハンプのゴロタを感じながらバンプさせる。次の瞬間、ココッとアタリが出る。すかさずアワセると引きを感じた。先程の56cm程ではないが、それなりの引き。落ち着いてネットに収めた。44cmのグッドコンディションのバス。フックセットは上顎を完璧に捉えていた。アタリからアワセ、フックセットまで、まるでジグのお手本のような釣れ方だった。

下流上流を何度も行き来したせいか、バッテリーが弱ってきている。スロープまで時間が掛かりそうなので、そのまま下流に向かい納竿となった。2バイト、2フィッシュで、56cmと44cm。青野ダムは、サイズを選ばなければ数釣りも楽しめる。しかし、自分の釣り方はクオリティ重視。そのためボウズも辞さないような釣り方。その攻めの釣りが功を奏しているのか、釣行回数の割に50アップ率が高い。一匹が出れば、それまでの苦労も全てチャラ。バス釣りの面白さの重要な要素のひとつ。青野ダムは難しい。しかし、これがあるから辞められないのだ。

56cm
ロッド:ロードランナー ST-70H
リール:メタニウム HG
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ

青野ダム 56cm

44cm
ロッド:ロードランナー ST-680MH
リール:メタニウム HG
ルアー:ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG 3/8oz +ジャンボグラブ

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る