【青野ダム】台風一過の晩秋&激濁にメタルジグ

前回の夏の釣行から久しく、久々に釣りに行こうかと思っていた矢先に、大型台風が直撃、さらに翌週末も雨という不天候続きで、ついに11月に入ってからの釣行になってしまった。青野ダムでは、すでにワカサギ釣りも始まり、朝の冷え込みも相まって、すっかり晩秋の装いとなっていた。ボートを湖面に浮かべると、すでに多くのボートが浮いている。みな天候の回復を待って、乗り出したといった感じだろうか。

青野ダムの状況としては、水温は朝の時点で15℃を下回る。すっかりと水温も落ちてしまった。そして、何よりも水質だ。台風の影響からか一気にターンオーバーが進んだような感じだが、ターンオーバーと異なる点としては、浮ゴミの多さと湖全体が同じように濁っていることだ。ターンオーバーの濁りに豪雨の濁りが混ざったような感じだ。ベイトの状況を確認しながら、まずは中流域を目指す。

晩秋のパターンとしては、まずベイト。ベイトを留めるフラットかハンプ、それに絡む縦ストラクチャーだ。岬が定番といえば定番だが、青野ダムには、他にも魅力的なハンプがある。ハンプが魅力的である理由は、岬周辺にはやはり陸っぱりアングラーやヘラブナ師がいるし、岬に比べて視覚的に分かりにくいことから、スレにくいという点がある。しかし、有名どころのハンプには、やはり先行者がいる。ベイトの状況を確認しながらボートを進める。

ベイトのレンジは4m〜5m。これに絡む地形の変化が狙い所とアタリを付ける。まずは、5mダイバーのクランクを通し、ブレイクにあるだろうゴロタ石をテキサスで探り、ハンプはジグで流していく。しかし、アタリはない。一応、ベイトボールが確認できることから、それに付いているであろう回遊系バスをメタルジグとスピナーベイトで狙っていくも、アタリはない。やはり、ニゴリの影響だろうか。カバーやストラクチャーにタイトに付いていることを想定し、シャローを打つことも考えるが、陸っぱりアングラーやヘラブナ師により、狙えるストレッチは限定的だ。

そこで、沖の変化にタイトに付いているバスをリアクションで釣る方針に切り替える。水深5m前後にあるブレイクなどの縦ストラクチャーにメタルジグの1/2ozをバーチカルに落としていく。すると、間もなくヒットする。一見、バスらしくない引きだったが、上がってきたのはコンディションのよい35cmのバス。このパターンを基本に通していくことにする。

このパターンは、正直数が勝負だ。いかにバスの目の前にジグを落としていけるかに掛かっている。それを覚悟して、ひたすらにジグを落としていく。類似したエリアを周りながら、丁寧に探っていくが、そのままアタリなく終了となってしまった。釣果としては、決して十分ではない釣果であったが、全体的なコンディションの中で、晩秋定番のメタルジグで釣れたことには意義がある。サイズ的には満足できるものではないものの、まずまずの結果ではなかったかと思う。

これからの時期は、バスの浮き沈みが激しくなる。そういった状況を的確に見極めながら、巻物からジグまでを上手く使いながら、シーズナルなパターンにマッチした釣り方で、本来のバス釣りを楽しみたいと思う。

ロッド:ダイコードレッドノート BRDC-65MX
リール:アブガルシア Revo LTX-L
ルアー:TOROS CUSTOM メタルジグ TC-METAL 1/2oz

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】晩秋もラバージグ

11月も末。いよいよ秋も終わりを告げ、冬がそこまで来ているといった感じの青野ダム。魚探の水温計は14℃を示しており、決して冬といった水温ではないが、バスの適水温は、大きく下回って来た。体力のある個体は、まだまだ捕食意欲があるだろうが、30cmクラスのアベレージサイズ以下は、徐々に活性を落としていく。それ故に、難しくなる傾向にあるが、逆に狙いをクオリティフィッシュに定めるべきと、割り切れる部分もある。

基本は、リアンクションベースで考える。5m〜8mをターゲットレンジとして捉え、午後の安定する時間帯は、シャローレンジもチェックするという基本的な戦略を立てる。用意したリグは、メタルジグ、ラバージグ、スピナーベイト。いつもの通り、スピニング、ライトリグはない。この時期は、何と言ってもベイト。ベイトがたまりやすいハンプやフラットをチェックし、ベイトが良さげならば、バスはいる。青野ダムは、地形先行型のフィールドだから、まずは地形ありきになるが、この時期はいくら地形が良くてもベイトがいなければ、意味がない。ボディーウォーターに絡むハンプやフラットなどの変化をチェックしながら、上流部へ向かう。

第二ダムの入口や加茂山第二公演前をチェックするも、ベイト色が乏しい。また、ディープが寄っているシャローレンジをスピナーベイトでチェックするが、反応はなかった。島周りから上のエリアには、ベイトがいい感じに映る。この辺りが良さげだとアタリをつける。まずは、ハンプをメタルジグで直撃する。5mから8mまでをボートで流しながら、チェックしていく。

暫くすると、ニゴイがヒットする。生命感はあるらしい。そのまま継続していると、6m付近でバスがヒット。しかし、コンディションは良かったが、30cmクラスのバスだった。その後、反応は遠のいていく。途中、他のボートでもヒットしているのを見たが、やはり30cmクラス。レンジが違うのか、攻め方が違うのか。それを決めかねつつ、午後からは下流へのエリアを移す。

第二ダム付近まで降りてくるが、何かやはりパッとしない。自分への迷いを消すため、リグはメタルジグとスピナーベイトに絞ったが、反応は薄い。時刻は14時を回った。やはり、午前のエリアが雰囲気がいい。最後にもう一度チェックしてみようと上がる。丁度、風が吹き始め、ハンプの上に乗っかるようにベイトが映る。これだよ、これ。メタルジグではサイズが出ないと判断し、ラバージグをもう一度結ぶ。ベイトに付いて中層に浮いていることを想定し、ウェイトは1/4ozに落とし、トレーラーは相変わらずのジャンボグラブをセット。ハンプに乗せるようにキャストしてボトムまで落とす。

ジグがボトムに落ちたかどうかというタイミングでバイトが出る。グンッグンッと引いた後、生命感が無くなる。バレた。痛恨のバラシ。しまったと呆然としていると、すぐにまたバイトが出る。また食って来た!すかさずフックセットに持ち込む。上がって来たのは、46cm、1200kgオーバーのグッドコンディションのバス。狙っていたのはこれだ。

バスをリリースした後、またハンプに乗せるとバイトが出る。また来た!と感じたものの、また離してしまう。追い食いするかもと、そのままにしておいたが、バイトが出ることはなかった。その後、メタルジグやスピナーベイトなどを入れていくが、バイトが出ることはなかった。ベイトと風といったタイミングがあったせいか、状態のいいバスがいた。水温が下がって来たとはいえ、まだまだ食い気十分の状態だと実感できた。

アングラーは、自分の体感からフィールドコンディションを過小評価しすぎる傾向にある。そして、アプローチがライトリグなどスローで小さくなりがちだ。しかし、状態のいいバスは何処かにいる。そのことを忘れてはいけないし、やはりそういったバスを狙っていきたい。青野ダムでのラバージグは、まだまだこれからといった感じだ。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Football + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る