【青野ダム】時合い釣り 50アップ×2本&40アップ×3本

秋らしさを増しているとはいえ、気温は例年よりも下がっては行かない。晩秋といえるシーズンではあるが、秋パターンを追える時期であるには違いない。前回は、あらゆるケースを想定したタックルを準備したが、今回はベイトに付くバス狙い。ハンプやフラット狙いを中心としたタックルを揃えた。朝は冷え込みが厳しく、まるで冬の様。しかし、いざボートを出してみると水温は18℃を指しており、まだまだ適水温であるといえる。水温との気温差の大きさからか、霧がひどい。対岸のショアラインはもちろん、10m先も見えないほどだ。

土曜日ということもあって、慣れていないアングラーはダムサイト側に回っていくだろう。ダムサイトではワカサギ釣りもあり、ここまで視界が悪いとルアーキャストもままならない。安全性を考慮して、早速中流域を目指すことにする。ところが、ショアラインが見えない状況で経験だけで操船することは想像以上に不安にさせるものだった。島周りを超えて中流域のボディチャネルに差し掛かった頃、太陽の日差しが霧を晴らしていった。

まずは、ボディチャネルにあるハンプ周りのベイトをチェックする。思っていたよりも少ないという印象のまま、ハンプにテキサスリグをキャストする。アタリはあるが小さい。何度かあったアタリを捉えると29cmの小柄なバスだった。これではない。霧もスッキリとはれたので、ショアラインにボートを移す。尼寺側の支流入り口のレイダウン。その根本にテキサスリグを入れる。すぐさまバイトがあったが、上がってきたのは31cmのバス。期待外れだ。そのままショアラインを流しながら、青野川側に周る。反応が薄いので、再度ボディチャネルのハンプに入る。3m〜5mラインにベイトが映っている。これはハンプの水深から見てもベストなレンジだ。しかし、反応は薄いまま時間が過ぎていった。11時になろうかとする頃、風が吹き始め状況が動く。アタリは小さいがルアーを持っていくアタリが出る。しっかりとアワセて見るとこれまでとは異なる引き。上がってきたのは50cmに1cm足らないグッドコンディションの49cm。いい感じだ。続いてハンプにキャストを続けると程なくアタリが出る。少し小ぶりだがコンディションのいい44cm。

ベイトもいい感じに映り、風もふいている。まさに時合いだといえる。このチャンスを逃してはならないと攻め続ける。風上にボートバウを向け、アップヒルでテキサスリグを入れていく。ステイさせて次のアクションを加えた瞬間、ツンッとアタリが出る。アタリ自体は30cmクラスかと思ったものの引きはグイグイと増していく。そしてネットに収まったサイズは、ついに出た。52cm。立て続けの3本。朝の無反応が嘘の様だ。しかし、風がやむかベイトのうごきが止まったか、反応は無くなってしまう。

午後になってから風がやみ、ベイトの動きも遠ざかってしまう。それでもこのハンプに再度そのタイミングが訪れることを信じて攻め続ける。時間潰し的にハンプ周りにクランクベイト、スピナーベイトを入れるが反応はない。テキサスリグを入れると、朝一のように27cmが食ってきた。朝一のパターンだなと感じつつ、メタルジグを投入してみたが、やはり上がってきたのは、31cmのバスだった。反応が薄い時間が過ぎていく。昼食を取りつつ、状況が変化するのを待つ。すると14時を過ぎたあたりから、風が吹き始める。これはいい。ベイトもいい感じに映ってきている。テキサスリグには見慣れているかもしれない。ここはラバージグだとタックルを持ち替える。ハンプ上を小さくバンプさせるように誘っていく。コッというアタリをすかさずアワセる。悪くない引き。上がってきたのは、44cmのバス。50cmには満たないが、悪くないサイズだ。

50アップを含む40アップ4本。十分に満足できる釣果であるといえる。休日ということもあって、早めにボートを上げることも考えた。しかし、ここまできたら5本揃えたい。また、今の状況であれば可能だろう。根拠のない自信があった。風が止む前に、とハンプにラバージグを入れていく。ココッというアタリに、ついに来た!とアワセる。悪くない引き。40アップは間違いない。ネットに収まったサイズは、52cm。ダメ押しの50アップ。

52cm×2本、49cm、44cm×2本の計5本。30クラスは4本と数にすると9本。十分な釣果だ。まだ時間があったが、早々にボートを上げることにし、スロープに向かった。今回の釣りは、まさに時合いの釣り。タイミングがすべてだった。時間でいうと11時と14時。ベイトが周ってくるタイミングだろうか。以前、スモールマウス中心のアメリカ西岸のコロンビアリバーで釣りをしたとき、地元アングラーが「シャローにワーッときてワーッと帰っていく。それを待って狙う」といっていたことを思い出す。まさに、そんな感じだ。活性は決して悪くはない。しかし、タイミングが合わなければ口を使わせることが難しい。時合いが来れば、テンポよく釣っていく。ライトリグをゆっくりと落として釣るには効率が悪すぎる。ラバージグで広く探っていくのが正解だ。秋らしい十分すぎる釣果。バスの動きが少ない真夏や真冬と異なり、状況は刻一刻と動いていく。その状況に合わせて手返しよくアプローチしていく。それが攻略のキモだといえる。水温は、まだまだ下り切る気配がない。もう少し時合いの釣りが楽しめそうだ。

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し) + ジャンボグラブ

ロッド:ドレッドノート BRDC69M
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド:ロードランナー HB640ML
リール:MGX-SHS L
ルアー:TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】秋バス 46cm

天候もようやく秋らしくなり、前回からのターンオーバーも解消されつつあることを期待しながら、青野ダムに向かった。水温は、おそらく適水温。ここ数日の天候も安定していることから、比較的状況は悪くないなだろうと想定する。しかし、秋というシーズンは、夏冬と異なり、バスの付き場が安定しない。ベイトのいるエリアやレンジによって動き、また浮き気味になる。これがいわゆるじっくり釣る釣り方の反応を悪くしてしまう。横の動きを意識しながら巻くことも効果的だろうし、表層から中層まで幅広く探っていくことができる。まずは、フィールドの状態、バスの状態を掴むことが重要になることから、必然的にタックルの本数が増えてしまう。表層のバズベイト、シャロー流れ込みなどのスポットにシャッド、中層にクランクベイト、岬周りにはディープクランクとフォローのラバージグ、カバーが絡めばスピナーベイト、ベイトボールとストラクチャーが絡むならばメタルジグ、フォローのテキサス、縦ストラクチャーにゆっくり落としていくならノーシンカー、軽めのテキサス。結局のところ、ここから2〜3本に絞られることはわかっている。しかし、およそひと月ぶりの釣行。手際よくエリアスポットを見極めたいから仕方がない。

スロープからボートを出すと水温は、20℃を切る程度。まさに適水温だ。まずはスロープ入り口の変化をバズベイトでチェックする。バズベイトの引き泡が消えない。あまり水が良くないようだ。クランク、ラバージグでチェックするが反応はない。この時期、ダムサイトに向かう岩盤エリアも魅力的だが、悪い水がダムサイト側に寄っているイメージだ。早々に見切り上流に向かう。ワンドの入り口にある岬。ディープクランクとラバージグでチェックしながら第二ダムに向かう。第二ダム入り口の地形変化を同様にチェックしていく。ダムの流れ込みにはシャッドを入れて早巻きしていく。あまりにも大場所過ぎるせいか反応はない。そのままシャローレンジを流しながら上流へ向かう。

移動しながらベイトの状態を確認するが、はっきりとした魅力的なシルエットが中々映ってこない。ベイトはフラットが絡む変化に映ることが多い。そういった場所をチェックしていくがベイトの反応もバスの反応も良くない。そのまま前回、56cmを釣ったエリアに入る。このエリアは、地形の変化としてハンプがある。ベイトの影が2m〜4mレンジで映る。ハンプのトップで6m弱。悪くない。まずは、定番のクランク、そしてハンプに絡めるようにスピナーベイトを入れる。しかし反応がない。フォローのテキサスリグを入れて探るも反応がなく巻き上げている時にアタリが出る。大きくはないが、表層でエラ洗いするバスの近くで別のバスがライズする。上がってきたのは29cmの小ぶりなバス。すぐさま同じ場所にるあーを入れて泳がせると、すぐに31cmのバスが食ってきた。ラバージグをスイミングさせてもバイトはあるが、乗るところまでには至らない。ベイトに付いて中層にいるバスだろう。しかし、このサイズのバスはターゲットではない。

ワンサイズ上のバスは、これより上か下か。可能性を絞り込むために、まずは上、シャローを攻めることにする。青野橋の上流部にあるアウトサイドのカバー。そのストレッチをラバージグとスピナーベイトで流していく。カバーが薄いところは、クランクベイトを入れていく。そのまま流していくが反応はない。尼寺サイドのシャロー、そして出口付近のシャローフラット、その対岸にあるアウトサイドをチエックしていくが反応はない。上がダメなら下に行ってみるか。そう考え始めたころ、曇りだった天候が晴れに向かう前線の通過に伴って強い風が吹き始めていた。これは、状況が変わるかもしれない。テキサスで2本あげたエリアに再度入り直すことにした。

同じエリアに入ったものの、午前中とは狙いが異なる。今回は下だ。下にいるグッドサイズが、この風とベイトでハンプ上を伺っているという状況を想定する。ハンプにテキサスリグを入れる。夏のような釣り方をしているとアタリが出て合わせると33cmのバス。サイズアップしたもののコレジャナイ感が漂う。しかし、午前中のアタリ方とは異なることが重要だった。再びテキサスを入れて探っていく。すると明確なアタリと共にルアーを持っていく引きがある。しっかりとアワセてみるとグッドサイズな引き。ランディングネットがルアーに絡んでしまうトラブルがあったが、無事ハンドランディングでキャッチできた。50cmには至らないが46cmのグッドコンディションのバス。狙っていたサイズだ。残り時間はわずかであったが、残りの時間をこのパターンに費やすことにする。

暫くアタリは遠のいたが、風に吹かれながら探っていくとアタリが出る。キタッと一気にフックセットに持っていくが、ギーッとドラグが出る。しまった!先程の46cmのランディングでドラグを緩めたままにしていた。すぐに締め直してアワセ直したが、バスの引きはそこには無かった。決して悪いアタリでは無かったから諦めがつかない。再度時間ギリギリまで攻め直すも、再びバイトが出ることはなかった。ミスによる最後のアタリを逃したのは大きい。パターンの見極めを行う上で重要な一本になったはずだった。狙っていたサイズを釣ることが出来た釣行でもあったが、もう一方で悔やまれる釣行ではあった。これから、フィールドは、ますます秋を深めていくだろう。ある意味で難しい季節となっていくが、その攻略を楽しんでいきたい。

ロッド: ドレッドノート BRDC69MH
リール: MGX-SHS L
ルアー: テキサスリグ 1/4oz+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】49cm in ターンオーバー

前回の釣行は真夏の大減水だった。9月も半ばを過ぎた三連休最終日。9月初旬からの記録的な台風と大雨が続き、おそらく満水状態になっているだろうと想定。水温も適水温となっているだろうことから、シャローレンジの巻物もあり得るし、ベイトボールが確認出来れば、中層狙いもカギとなってくる。こうしたことから、準備するタックルの数は自然と増えてしまう。

7時過ぎにボートを出してみると、水温は、およそ24℃で適水温。増水しほぼ満水状態であることには違いないが、アオコが発生し水が悪い。ワンド内を出てみても、ボートの引き波の泡が消えない。ターンオーバーが発生して、決して良いという状態とはいえない。状況は想定と少し異なっていたが、それでもベイト次第では期待できるとボートを進めた。

秋の定番スポットである岬周りを、クランクベイトでチェック。ジグをフォローで入れていく。しかし岸側は、アオコが寄っていてさらに水が悪い。クランクベイトのレンジを下げて岬周りをチェックしながら上流へ向かう。第二ダムは流れていた。ターンオーバーの発生した湖では、その影響を受けないエリアか回復が早いエリアが狙い目となる。流れ込みは、回復を早めるが、第二ダムもターンオーバーを発生しているとしたら、汚れた水が流れ込むことになるため期待は薄い。しかし、第二ダムエリアの入り口は、地形の変化に富んでいる。岬状の地形を意識しながら、クランクベイトとジグでチェックしていく。しかし、このエリアで明確なベイトは確認出来なかった。やはり、この時期のベイトはしっかりと映らないと魅力がない。早々に見切りを付けて移動する。

岸際には、オカッパリアングラーとヘラ師が並ぶ。シャローエリアを流していくことは難しい。また、水の回復が早いエリアといえば、流れがあるメインチャネル。ベイトのレンジにあった地形変化にターゲットを移す。先月の釣行で50アップを釣り上げた場所。メインチャネルの流れもあるし、増水でレンジは変わっているものの逆に悪くない。ハンプエリアは、ベイトを待ち伏せるには丁度いいはずだ。テキサスリグでブレイクを丁寧にチェック。ハンプはジグで探っていく。すぐにテキサスにアタリが出るが、上がってきたのは25cmのバス。体格はいいが狙っているのはこれではない。メタルジグを投入しチェックしていくとすぐにニゴイが釣れた。しかし、その後キャストを続けるもののアタリはない。もう少しベイトの影が欲しい。もう一方のチャネルである尼寺側に移動する。

尼寺前から流れ込む岸際のレイダウンをチェック。アタリはあるが小さいため乗らない。粘らず見切ることにする。チャンネルからシャローにかけての地形変化を探っていくがアタリはない。状態は悪くないがパッとしない。やはり、小さいものの25cmが釣れニゴイというサカナの反応があったエリアに分がある。再度、チェックしていくとベイトが映っている。条件は揃ってきているが、ベタ凪なのが良くない。これで風が吹けば状況は変わるはずだ。そうやってチェックしていると、わずかに風が吹き始める。今がチャンスとブレイクを狙っていく。すると、ツッという小さいアタリが出る。これは?と迷ったが、アワセてみる。グッと重さが乗ってバスだと分かる。これはグッドサイズだ。ネットに収まったのは、49cm。50までに1cm足らなかったが狙っていたサイズだ。

風が吹いている時間は長くなかった。風が止むと雨がパラつき始めた。ジグでハンプからブレイクを探っていくと、フッというアタリが出る。今度はすかさずアワセていく。引きは強くないが悪くない。上がってきたのは、34cmのグッドコンディションのバス。今が時合いとキャストを続けるがアタリは続かなかった。その後、場を休ませる意味もあり、一旦下流域に移動する。第二ダムやスロープ前のハンプを探るが、やはり水の状態もベイトの状態も良くない。再び中流域のメインチャネルに移動する。時間までキャストを続けるものの、状況に変化なくタイムアップとなった。

ターンオーバーと適水温という判断しずらい状況の中で、狙っていたサイズを上げれたことは大きい。また、当初想定していた状況と実際の状況が異なることは良くあること。アタリはとても小さく、決してコンディションは良いとはいえない状況であったが、比較的うまく補正していくことが出来たと思う。後になっての反省点としては、絞り込んだエリアの狙い方にもう少し幅を持たせても面白かったのではないかという点だ。秋は荒食いというが、一方で水の状態やベイトの状態に引きずられるためレンジ調整の難しさもある。その難しさを逆に楽しんでいける釣り方を目指したい。

ロッド: ドレッドノート BRDC69MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ 1/4oz+ジャンボグラブ

ロッド: エンズヴィル ENC71MH
リール: Revo MGX-SHS L
ルアー: TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】秋のラバージグ

11月に入り、いよいよ秋らしさを深めてきた晩秋の青野ダム。水温は、17℃。適水温といわれる20℃を下回ってきた。秋というと荒食いの秋と総称される一方、気温や水質の変化も大きく、またバスがベイトの動きに引きづられるなど、エリアやレンジの選定が難しくなる。サイズを選ばない釣りであれば、ライトリグで数釣りを楽しめる時期ではあるが、クオリティフィッシュとなると、途端に難しくなるのも秋の特徴のひとつといえる。

ボートを出廷したのは、7時半を過ぎた頃。もちろん、狙いクオリティフィッシュ。いつもの通り、スピニングタックルは準備していない。もう、このスタイルを続けて3年以上にはなるが、ハイプレッシャーといわれる青野ダムでも、それなりに釣りを楽しめている。秋といえば、まずベイト。ベイトがいればバスもいる。まだ、下流域までは落ちきっていないとの想定から、魚探でベイトを確認しながら、中流域を目指す。

ポツポツと魚影は確認できるが、魅力的なものではない。下流域を素通りし、中流域のブレイクと岬が隣接するシャローカバーをチェックする。この時期、クオリティフィッシュが釣れるパターンのひとつにシャローパターンがある。しかし、シャローといっても何処でも良いわけではない。ディープや岬、フラットなど、ベイトが関連してくる複合要因がポイントになる。こういった条件を設定し展開しなければ、無駄にシャローを打ち続けてしまうことになる。さらに、岸際にはヘラ釣り師たちがいるので、攻められるシャローは限定的になる。

中流域のシャローをラバージグでチェックしたのち、その先の岬をディープクランク、ブレイク周りをメタルジグでチェックする。最後に一通りスピナーベイトを通す。その後、さらに上流部を目指す。夏場に良かったチャンネルと地形変化が絡む場所。エリア的には上流すぎる感はあったが、とりあえず確認してみることにする。ベイトがいい感じに映っている。ここはアリだ。まずは、ディープクランクとスピナーベイトでチェック。その後、メタルジグを入れる。

ブレイクにあたるゴロタ石のピンスポット。その場所を特定するためにテキサスリグを入れる。すると、いきなりバイトしてきたがフックセットしない。ここでライトリグのフォローを入れたいところだが、持ち合わせがない。ジャンボグラブをセットしたラバージグを入れる。ボトムを感じ始めた頃、バイトが出る。すかさずアワセにいく。グッドサイズの引き。しかし、期待に及ばず、40cmを下回る37cmのバス。コンディションは非常にいい。

8mレンジの3〜4mにベイトが映る。それ故、クオリティフィッシュは5mレンジの変化に付いているのか。その想定で、同様のスポットをボトムから中層までを探っていくが、反応はない。途中、シャローレンジをチェックし、ベイトスポットをローテーションで回っていくが、ラバージグ、メタルジグ、テキサスリグでナマズ、ヘラブナ、ブルーギル、ニゴイを釣る外道のストレートフラッシュを達成するも、クオリティフィッシュの顔は拝めなかった。

反省点としては、ラバージグは、3/8oz、メタルジグは1/2ozを使っていたが、もう少し軽めでフォールを魅せる攻め方も有効ではなかったかと感じる。また、ハードベイトでの広く探る釣りや、シャローレンジの攻め、フォローベイトの準備などやりきれていない点は、まだまだ多い。それでも、外道を含め十分に釣りを楽しめた一日だった。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Flip&Slide + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】秋のスピナベ

ターンオーバーの影響からか水の状態は、あまり良くない。しかし、荒食いと称される秋。バスは、それでもベイトを追っているに違いない。ベイトが絡みそうなディープに近い地形の変化を探っていく。しかし、アタリはない。これといった反応がないままに、上流部のハンプエリアに行く。結局のところ、このエリアは、ベイトをストックし、それに伴ってバスをストックするエリアとしては、その力は強い。夏から秋に掛けては、グッドサイズの出る確率は圧倒的に高い。

反応が薄いことから、ピンスポット狙いに絞っていくが、それでも反応はない。いつもであれば、ゴリゴリと感じて間をおくとアタリが出るが、今日はそんな雰囲気ではない。天候が曇りでローライトなことが影響し、浮いているのだろうか。狙いを中層にシフトしていく。しかし、ブレイクからリグを浮かしていっても、メタルジグで探っていっても、これといった反応はない。

テキサスリグ、メタルジグ、ラバージグで反応は出ない。5mダイバーのクランクベイトにチェンジし、ブレイク周りやハンプを攻めるもアタリはない。もはや、お手上げの様相を呈してしたとき、スピナーベイトを手にしてハンプ向けてキャストした。スピナーベイトは、トロスカスタムのTC-SPINで、スピナーベイトでありながら、フィネスな攻めを展開できる。ボトムまで落としてから、ゆっくりと引いていく。そのままブレイクを超えて、ディープ側まで引いていくイメージだ。もうそろそろハンプを超えたかなというあたりに来たとき、ゴンッとロッドが入る。すかさずアワセに入る。グングンとというバスの引き。見えた魚体は決して大きくはなかったが、貴重な一匹に興奮する。上がってきたバスは、38cmのコンディションの良いバス。タフだと感じていた状況でのスピナーベイトでの一匹。釣れるときは釣れる。

その後、スピナーベイトやメタルジグ、ラバージグで同じような攻めを展開するも、アタリはなかった。あのバスは、ベイトについて回遊していて、タイミング良くその回遊にぶつかったのだろうか。しかしながら、もうボウズかもしれないと諦めかけていたときのスピナーベイトでの一匹。サイズはもう一つであったものの、十分に価値のあるクオリティフィッシュだった。

ロッド: ロードランナー LTT6100H
リール: カルカッタ DC 101
ルアー: メタルジグ TOROS CUSTOM TC-SPIN

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】テキサスリグで56cm

ますます秋らしくなっていき、バスにとってフィールドは過ごしやすくなっていく。このことは、活性を高めることから、釣りやすさが強調されやすいが、バスがどこにでもいられる分、真冬や真夏と比べてエリアを絞り込みにくい点が挙げられる。エリア選定のカギは、ベイトにあってバスが狩りを行うに適したスポットがあれば、バスに出会える確率は上がる。しかし、そこにベイトが絡まなければ、たとえ良い地形変化であっても、バイトは見込めない。

故に、巻物で広く探っていくことが得策とされるが、当てずっぽうにキャストしたり、シャローを流していくだけでは、結果は出にくい。ベイトに地形の変化が絡むこと、そしてバスにスイッチが入ること。この条件を満たしていかなければならない。しかし、魚探を確認していても、ベイトの影は明確ではない。線のように出るのではなく、円のように出るのが理想だ。ベイトを探すにしても、魚探を全エリアをかけていくわけにはいかないから、地形の変化から狩りをしやすいエリアを選択し、ベイトを待つ釣りが得策だ。

上流域のハンプエリアは、ベイトを留める要素とディープを控えた狩りに適した地形をしている。まずは、中層狙いで、ラバージグ、メタルジグ、スピナーベイト、クランクベイトを入れていくが反応はない。

テキサスリグでのスローな釣りが固いようにも思えるが、バスの目線にルアーを持っていけるかどうかがカギになる。その方法として挙げられるのは、ブレイクにステイさせることだ。ブレイクから離れた中層のバスをスローに釣るには良い方法だ。ただ、何もないところでひたすら待つ釣りほど、辛いものはない。だから、しっかりと変化を感じ取って、その変化を集中的に釣っていく。その釣りに切り替えてからまもなく、小さなアタリが出る。ゆっくりと送り込んでからアワセると40cmのまずまずのサイズ。この釣りで押し通すことにする。

しかし、後が続かない。後が続かないが、別のメソッドがあるかといえば、それもない。場を休めるための巻物を入れながら続けていく。午後になってもその状況は変わらない。もう、気持ちを切り替えて下流域に行ってみようかと思ったとき、ググッと重くなるアタリが出る。どんどん引きは強くなっていく。明らかに50アップの引き。慎重にランディングしたバスは、56cmのグッドサイズだった。

全体的にはスローな状況にあって、狙うべきスポットを絞り込んで集中。スローだからといって、ライトリグしか効かないという訳ではない。確かに、ライトリグでも釣れた魚かもしれない。しかし、バス釣りは”効率のゲーム”と云われる。ゲームを如何に効率よく、クオリティフィッシュで成立させるか。そのスタンスを揺るがせたくはない。


ロッド: ロードランナー ST680MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】メタルジグの中層釣り

ようやく残暑も薄れ、日に日に秋らしくなっていく10月。青野ダムは、曇り空ということもあって、釣りをするには悪くはない雰囲気を漂わせていた。しかし、ターンオーバーの影響からか、水の状態は決して良いとはいえず、特に下流域は、見るからに水が良くない。秋といえば、ベイトがカギになる季節。ベイトの影の出方が、釣果に直結することも少なくない。しかし、下流域のハンプに映るベイトの影は、決して良いものとは言えなかった。ある程度まとまったベイトの影があれば、その後ろにバスが付いている可能性がある。そういった場合には、ベイトの影を散らすようにルアーを入れてやれば、スイッチが入ることもある。しかし、魚探に映るベイトの影は、散らす程のまとまった影ではない。下流域のハンプを早々に見切って上流部に向かう。第二ダムは、ベイトの影響にこだわることなく、バスを寄せ付ける。入口の変化では、クランクベイトが効く。しかし、その変化を輪切りにしていくも反応はなかった。

加茂山第二公演前のシャローフラットは、その沖でチャンネルにぶつかる。そこにブレイクがあるが、バスはその変化に付く。クランクベイトでサーチし、テキサスリグでフォローを入れるが反応はない。いつもなら、アタリが出ていい場所ではあるが、反応は全くなかった。そのあたりから、戦術と実態とのズレを感じ始める。めぼしいスポットをチェックしながら、上流域のハンプに向かう。夏から秋にかけての本命スポットだ。

まずは、ハンプのブレイクにあるゴロタエリアをテキサスリグでねらい撃つ。すると、すぐにアタリは出るが乗らない。早く合わせすぎたか。次のアタリでは、送り込みを十分に行おうと決める。ココッというアタリが出る。ロッドを倒して送り込む。ラインを少し出しから聞いてみる。すると生物感が伝わってくる。スイープにアワセていくと、ググッと重さが乗る。42cmのグッドサイズ。やはりいた。しかし、その釣れ方に違和感を感じる。その違和感は、現実のものとなり、その後アタリはパッタリと途絶えてしまう。
ベイトが浮き気味になると、バスもそれに付いて浮く。夏場などは、カバーにぴったりと寄り添っている場合も多いので、テキサスリグのボトムサーチでも反応は出る。しかし、カバーから浮いてしまうと、途端にテキサスリグ系への反応は薄れる。バスの視線は元々上にあることに加え、ベイトに意識が向いているからだろう。そこで、よりアピール力の強いラバージグを選択。ボトムを感じながら引いてきて、ブレイクのハードボトムを感じたあと反応がなくなる。ジグがブレイクから中層に出た証拠だ。そのボトムの反応が無くなった瞬間、強くルアーが下へ持って行かれる。そのままフックセット。上がってきたのは、38cmのバス。40cmには満たなかったものの貴重な一匹だ。まさに、クオリティフィッシュ。この一匹が中層狙いを確信させた。

より効率的に中層を狙えるメタルジグにチェンジ。ハンプの上に落とし、リフト&フォールしていく。ボートがディープ側に流され、それに伴って、メタルジグのボトムの反応もなくなる。そのままフォールさせていくといったアプローチを繰り返す。そして、ついにグンッとアタリが出る。メタルジグはバレやすいから、ラインを緩めないように慎重にランディング。今日一の45cmのグッドサイズ。やはり中層だ。ブレイクから離れたところの中層。もっとも狙いづらい状態であるともいえる。秋といえばターンオーバーという理由で、すぐにタフという状況に結びつけやすい。しかし、エリア選択さえ誤らなければ、食い気のあるバスいる。秋の中層釣りの難しさと、攻め方の重要性を体感することができた釣行だった。

ロッド: ロードランナー ST680MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウム HG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM Flip&Slide 3/8oz

ロッド: ロードランナー LTT650M
リール: REVO LTX
ルアー: メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】30アップ10本超え

2週間ぶりの青野ダム。台風一過、その後の気温低下の影響がどれほどあるのか。不安と期待を抱きながら出廷。水の状態は、台風の影響からか若干の濁りと浮きゴミが点在しているものの、ターンオーバーの水を流してくれたのか、前回ほど悪くはないように感じる。水温は18℃。日中帯は20℃程度まで上がる。バスにとっては、適水温の範疇だ。しかしながら、前回の状況を踏まえても、シャローよりもミドルレンジを軸に考えていく。

ターゲットレンジは、5m。前回の好調だったボディレイクの上流部にあるスポットを本命と考ええるが、そこいくまでにめぼしいスポットをチェックしていく。スロープ沖のハンプ、第二ダム、加茂山第二公園沖のブレイク、岬、水中島周り。クランクで流した後、テキサスでボトムを探り、ヘビダンでフォローを入れいく。しかし、いずれのスポットも反応がない。活性チェック場である、尼寺筋のレイダウンに入る。相変わらずサカナはついているようで、ルアーには反応してくるが、活性が高いという状況とはいえない。やはり、シャローレンジは捨てる。

満を時して、前回のスポットに入る。山立てをしながら、魚探で確認すると、程なくスポットが見つかる。ここはボトムのゴロタが鍵になる。テキサスリグを入れてボトムの状態を確認する。すると、ゴリゴリ感が伝わってくる。そうそう、これこれ。そこでステイを入れると、ココッとアタリが出る。モゾモゾしている感覚も伝わってくる。一気に合わせるとグイグイと強い引き。いきなり来た!やっぱり来た!アドレナリンの噴出を感じながら、ランディングしていく。エンズヴィルの粘りがバスを浮かせるのを待って、ランディングネットを手にする。40UPは間違いない。タイミングを測ってネットを入れた瞬間、エラ洗い一発。フックアウトしたバスはネットに収まることなく、逃げて行ってしまった。

脱力感が襲ってくるが、まだ始まったばかり。気持ちを入れ替えるのと、雰囲気を変えるために、ヘビダンに持ち替える。すると、程なく33cmのグッドコンディションのバスが釣れる。よしっとばかりに、もう一度テキサスリグに持ち替える。ゴリゴリ感を感じているとググッと持っていくようなアタリ。ロッドが大きくしなる。これは30クラスではない。今度は、しっかりとフックセットしなければ。その思いでアワセ幅を取るためにテンションを緩めた。その瞬間にバスが水面でエラ洗い。またもフックアウトしてしまった。バラシた1時間後に、またバラシ。テキサスの日ではないのかとヘビダンに変えて、30UPを数本追加。その後、フックを交換したテキサスに、ジャンボグラブではなく、ファットアルバートをセット。それでも35クラスを追加。それから、いろいろとワームを試すが、テールの感じがいいのか、やはりジャンボグラブへの反応が早い。

釣れ方や数からして、決して活性が低いとはいえない。そこで、ディープレンジミノーとして活躍できるメタルジグを投入。真冬のようにバーチカルに落とすのではなく、軽めの1/4ozをキャストして、横にトゥイッチしながら落としていく。上げて落とすを繰り返すと、ニゴイが数本釣れる。そしてバスが交じる。そんな感じだ。昼を過ぎた時点で、釣れたバスは、メタルジグで釣れた25クラスを除き、36cmを最大にして、すべて30UP。10本を超えた。

午後からは、他のエリアをチェックするために、加茂山第二公園沖まで、下がってみる。しかし、他のエリアでの反応は薄い。例のスポットとの差は歴然としていて、圧倒的だった。やはり、あそこで終ろう。そう決めてスポットに戻る。午後からは風が出て来て雰囲気が変わる。午前のようにテキサスとヘビダンでもアタリはあるものの、午前のようなパワーが感じられない。テキサスリグでは、ナマズがヒットし変えたばかりのワームが一発でダメになった。これは、手を変えろということではないかと考えて、メタルジグに持ち替える。ニゴイやギルが釣れつつ、グッドサイズのバスがヒット。しかし、35クラスのそのバスは、ネット直前で、またもフックアウト。メタルジグはバレやすいということから焦りが出てしまった。風の影響からか、午前の”メタルは小バス”の状況は変わっている。わずかとなった残り時間をメタルジグで費やす。その後、ニゴイ4に対して、バス1といった割合で、30UPを追加。最後は、35cmのバスで締めた。

釣ったトータルとしては、午前にメタルで釣った25cm以外は、すべて30UP。数は、10本を超え、バラシを含めると、15本程度を掛けたことになる。他のボートがすべてボーズで、バスを手にしたのが自分だけという状況からしても、爆釣といっても過言ではないだろう。釣り方もさることながら、何と言っても場所だ。バスをストックする場所では、決して活性は低くない。地形をしっかりと読み取って、攻略したもののに与えられるご褒美といったとっころだろうか。このスポットがいつまで爆発するかはわからないが、もうしばらくは、いい思いをさせてくれそうだ。

ロッド: エンズヴィル ENC-71MH
リール: MGX-SHS-L
ルアー; テキサスリグ ジャンボグラブ 5g

ロッド: エンズヴィル ENC-69M
リール: LTX-SHS-L
ルアー; ヘビダン 4インチミートヘッド 5g

ロッド: エンズヴィル ENC-62LFS
リール: MGX-SHS-L
ルアー; メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL  1/4oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】プリプリの53cm

青野ダムは、一度は、25℃程度まで低下していた水温も、連日の好天で、27℃を超える状況になった。朝晩の寒暖の差が激しいことも影響してか、ターンオーバーも進み、濁りと小さな浮ゴミが点在し水の状態は良くない。状況から鑑みても、まだまだ秋という感じではなさそうだった。展開は、状況次第ということで、自然とタックルも増えてしまう。

水位は、ほぼ満水だが水質は悪い。ボートの引き波の泡がいつまでも消えない。まずは、流れ込みがあって水の良さそうな第二ダムに向かう。とりあえずクランクベイトで流すが、釣れる気がしない。サカナの通り道になるであろうルートにライトリグを入れてみる。しかし、反応はない。小バスの反応があってもよいものの、それも渋い。少し深場をスローに探ってみても反応はない。こうした厳しい状況では、一級スポット狙いが定番の攻め。必ずサカナが付くインターセクションや橋周辺にあるレイダウンを探ってみて、状況を把握することに。

尼寺筋のレイダウンにジグヘッドを入れると、すぐにバイトが出る。しかし、小さいからか乗ることはない。いつもであれば、放置しているだけでも、次々とバイトしてくるところだが、アタリは単発的だ。活性が低いのか、ニゴリでルアーが認識できないためか。そこであえて、ワームを5インチクラスに変えてみる。すると、アタリの出方が変わる。より早く、より明確になっている感じだ。あくまでもスローにだが、ワームは小さくしなくていい。あとは、エリアとレンジの問題だ。

朝晩の寒暖差は、表水面の温度を下げる。バスは、その水温変化を嫌って、少しレンジを下げているだろうか。エリアを、ボディチャンネルに絡む地形の変化、4〜5mに絞る。目ぼしい変化をヘビダンとテキサスで探っていく。第二加茂山公園沖のブレイク。ここの変化にもサカナは付く。ブレイク上にある岩を感じながら、5インチヘビダンで探っていく。明確なアタリが出てアワセると25cmクラスのバス。ようやくの一本目だ。さらに攻め続けるとバイトは多い。テールを食いちぎられることもあって、反応は決して悪くない。テキサスリグで探っていても、同じようにアタリは出る。しかし、乗らない。ルアーへの反応はいい。小さいワームを使うよりも、勝負が早い。あとは、エリアとタイミングか。昼を過ぎても、新たなバスは手に出来ていなかった。

それらしい地形の変化を探りながら、スロープまで降りてくる。スロープ前でもアタリはあるが乗らない。今日は、早めに上がる必要があって残り時間は1時間。最後に、一番反応がよかった第二加茂山公園沖を攻め切ることにする。狙うスポットは、ブレイク。そこのゴリゴリを感じたら、ストップ。そして、ブレイクから落とす。それを繰り返していく。5インチヘビダンでアタリは出るが乗らない。スレてくるので、テキサスにローテーションしていく。

風が出てきて少し流されながらズル引く。ググッと重くなるが、引っかかりの場合もある。ロッドを立てて外そうと試みるとグングンッと引く。バイトだ。すかさずアワセるとグッドサイズを予感させる引き。いいサイズだと感じた瞬間、一気に持って行かれる。想像以上の引きにロッドがボートに当たってしまう。そこで耐えているとロッドに引き上げられるように魚体が見える。50cmクラスだ。アドレナリンが噴出すると同時に2度目のツッコミ。ドラグをもう少し緩めたいが、ロッドを支えることで精一杯。ラインブレイクしないことを祈りつつ耐える。ランディングネットを構えるが、最後の抵抗を見せる。次に上がってきたときには、バスはネットに収まっていた。53cmのプリプリのバス。まさにまん丸。2キロは、ゆうに越える。引きでいえば、先般上げたロクマルに匹敵するほどの引きだった。

その後、2本目を狙ってみたが、そんなに甘くはなく程なく時間を向かえて終了。厳しい状況の中で、何とか絞り出した一本だった。例年であれば、この時期、アベレージサイズの25cmクラスはイージーに釣れるが、今年はそれがない。その分、デカバスの確率が高い。地形の変化やスポットを的確に狙うことが求められるが、それは、面白さのひとつ。辛い思いばかりさせないところが、青野ダムの意地らしさでもある。ギリギリと攻め切った結果の一本だった。

釣れるときは、5分あれば釣れる。最後の一投まで諦めないこと。諦めないためには、攻め方のひとつひとつに根拠を持たせて、集中力を維持して行くこと。今日の一本は、その”諦めない気持ち”のスキルの大切さを教えてくれた。

ロッド: エンズヴィル ENC-71MH
リール: REVO MGX-SHS-L
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る