【青野ダム】晩秋もラバージグ

11月も末。いよいよ秋も終わりを告げ、冬がそこまで来ているといった感じの青野ダム。魚探の水温計は14℃を示しており、決して冬といった水温ではないが、バスの適水温は、大きく下回って来た。体力のある個体は、まだまだ捕食意欲があるだろうが、30cmクラスのアベレージサイズ以下は、徐々に活性を落としていく。それ故に、難しくなる傾向にあるが、逆に狙いをクオリティフィッシュに定めるべきと、割り切れる部分もある。

基本は、リアンクションベースで考える。5m〜8mをターゲットレンジとして捉え、午後の安定する時間帯は、シャローレンジもチェックするという基本的な戦略を立てる。用意したリグは、メタルジグ、ラバージグ、スピナーベイト。いつもの通り、スピニング、ライトリグはない。この時期は、何と言ってもベイト。ベイトがたまりやすいハンプやフラットをチェックし、ベイトが良さげならば、バスはいる。青野ダムは、地形先行型のフィールドだから、まずは地形ありきになるが、この時期はいくら地形が良くてもベイトがいなければ、意味がない。ボディーウォーターに絡むハンプやフラットなどの変化をチェックしながら、上流部へ向かう。

第二ダムの入口や加茂山第二公演前をチェックするも、ベイト色が乏しい。また、ディープが寄っているシャローレンジをスピナーベイトでチェックするが、反応はなかった。島周りから上のエリアには、ベイトがいい感じに映る。この辺りが良さげだとアタリをつける。まずは、ハンプをメタルジグで直撃する。5mから8mまでをボートで流しながら、チェックしていく。

暫くすると、ニゴイがヒットする。生命感はあるらしい。そのまま継続していると、6m付近でバスがヒット。しかし、コンディションは良かったが、30cmクラスのバスだった。その後、反応は遠のいていく。途中、他のボートでもヒットしているのを見たが、やはり30cmクラス。レンジが違うのか、攻め方が違うのか。それを決めかねつつ、午後からは下流へのエリアを移す。

第二ダム付近まで降りてくるが、何かやはりパッとしない。自分への迷いを消すため、リグはメタルジグとスピナーベイトに絞ったが、反応は薄い。時刻は14時を回った。やはり、午前のエリアが雰囲気がいい。最後にもう一度チェックしてみようと上がる。丁度、風が吹き始め、ハンプの上に乗っかるようにベイトが映る。これだよ、これ。メタルジグではサイズが出ないと判断し、ラバージグをもう一度結ぶ。ベイトに付いて中層に浮いていることを想定し、ウェイトは1/4ozに落とし、トレーラーは相変わらずのジャンボグラブをセット。ハンプに乗せるようにキャストしてボトムまで落とす。

ジグがボトムに落ちたかどうかというタイミングでバイトが出る。グンッグンッと引いた後、生命感が無くなる。バレた。痛恨のバラシ。しまったと呆然としていると、すぐにまたバイトが出る。また食って来た!すかさずフックセットに持ち込む。上がって来たのは、46cm、1200kgオーバーのグッドコンディションのバス。狙っていたのはこれだ。

バスをリリースした後、またハンプに乗せるとバイトが出る。また来た!と感じたものの、また離してしまう。追い食いするかもと、そのままにしておいたが、バイトが出ることはなかった。その後、メタルジグやスピナーベイトなどを入れていくが、バイトが出ることはなかった。ベイトと風といったタイミングがあったせいか、状態のいいバスがいた。水温が下がって来たとはいえ、まだまだ食い気十分の状態だと実感できた。

アングラーは、自分の体感からフィールドコンディションを過小評価しすぎる傾向にある。そして、アプローチがライトリグなどスローで小さくなりがちだ。しかし、状態のいいバスは何処かにいる。そのことを忘れてはいけないし、やはりそういったバスを狙っていきたい。青野ダムでのラバージグは、まだまだこれからといった感じだ。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Football + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】秋のラバージグ

11月に入り、いよいよ秋らしさを深めてきた晩秋の青野ダム。水温は、17℃。適水温といわれる20℃を下回ってきた。秋というと荒食いの秋と総称される一方、気温や水質の変化も大きく、またバスがベイトの動きに引きづられるなど、エリアやレンジの選定が難しくなる。サイズを選ばない釣りであれば、ライトリグで数釣りを楽しめる時期ではあるが、クオリティフィッシュとなると、途端に難しくなるのも秋の特徴のひとつといえる。

ボートを出廷したのは、7時半を過ぎた頃。もちろん、狙いクオリティフィッシュ。いつもの通り、スピニングタックルは準備していない。もう、このスタイルを続けて3年以上にはなるが、ハイプレッシャーといわれる青野ダムでも、それなりに釣りを楽しめている。秋といえば、まずベイト。ベイトがいればバスもいる。まだ、下流域までは落ちきっていないとの想定から、魚探でベイトを確認しながら、中流域を目指す。

ポツポツと魚影は確認できるが、魅力的なものではない。下流域を素通りし、中流域のブレイクと岬が隣接するシャローカバーをチェックする。この時期、クオリティフィッシュが釣れるパターンのひとつにシャローパターンがある。しかし、シャローといっても何処でも良いわけではない。ディープや岬、フラットなど、ベイトが関連してくる複合要因がポイントになる。こういった条件を設定し展開しなければ、無駄にシャローを打ち続けてしまうことになる。さらに、岸際にはヘラ釣り師たちがいるので、攻められるシャローは限定的になる。

中流域のシャローをラバージグでチェックしたのち、その先の岬をディープクランク、ブレイク周りをメタルジグでチェックする。最後に一通りスピナーベイトを通す。その後、さらに上流部を目指す。夏場に良かったチャンネルと地形変化が絡む場所。エリア的には上流すぎる感はあったが、とりあえず確認してみることにする。ベイトがいい感じに映っている。ここはアリだ。まずは、ディープクランクとスピナーベイトでチェック。その後、メタルジグを入れる。

ブレイクにあたるゴロタ石のピンスポット。その場所を特定するためにテキサスリグを入れる。すると、いきなりバイトしてきたがフックセットしない。ここでライトリグのフォローを入れたいところだが、持ち合わせがない。ジャンボグラブをセットしたラバージグを入れる。ボトムを感じ始めた頃、バイトが出る。すかさずアワセにいく。グッドサイズの引き。しかし、期待に及ばず、40cmを下回る37cmのバス。コンディションは非常にいい。

8mレンジの3〜4mにベイトが映る。それ故、クオリティフィッシュは5mレンジの変化に付いているのか。その想定で、同様のスポットをボトムから中層までを探っていくが、反応はない。途中、シャローレンジをチェックし、ベイトスポットをローテーションで回っていくが、ラバージグ、メタルジグ、テキサスリグでナマズ、ヘラブナ、ブルーギル、ニゴイを釣る外道のストレートフラッシュを達成するも、クオリティフィッシュの顔は拝めなかった。

反省点としては、ラバージグは、3/8oz、メタルジグは1/2ozを使っていたが、もう少し軽めでフォールを魅せる攻め方も有効ではなかったかと感じる。また、ハードベイトでの広く探る釣りや、シャローレンジの攻め、フォローベイトの準備などやりきれていない点は、まだまだ多い。それでも、外道を含め十分に釣りを楽しめた一日だった。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Flip&Slide + ジャンボグラブ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】ラバージグで50cm

お盆真っ只中の8月某日。青野ダムは、まさに真夏の様相を呈していた。最後から二番目の出廷で、すでに時間は7時半を過ぎており、水温は、30度を示そうとしていた。ダム全体の状態としては減水傾向にあり、下流域ではアオコが発生し決して良い状態とはいえない。こういった状況では、夏の定番のセオリーに徹する他はない。夏の定番セオリーといえば、水通し。青野ダムのシャローは、一般的なダム湖のような岩盤+カバーでシェードが作られるような場所は、あまりない。それ故に、まずは流れ込みなどの水の動きがないシャローは捨てていい。水の動きがある場所といっても、あまりワンドの奥過ぎても良くない。そう考えると、第二ダムが候補に上がる。

下流域のシャロレンジには、お盆休みということもあって、すでに数艇のボートが浮いている。それらを横目に、第二ダムに直行する。しかし、第二ダムに水は流れていなかった。これではあまり見込めない。長居する必要はないが、ワンド入り口にある地形の変化はチャンネルに絡むため、活性の高いバスがいるなら、そのあたりだろう。5mダイバーのクランクベイトでチェックするが、アタリはなく、数投で見切り上流へ向かう。

水通しといえば、ボディチャンネルだ。そのチャンネル沿いに地形の変化が絡めば、バスをストックしている可能性は高い。中流域では島周りも、そういったポイントの一つだ。バスをストックしている可能性は高いが、変化が極端過ぎて攻めづらい側面もある。やはり、本命は支流の出口にある変化だ。島周りを素通りし、支流出口付近に向かう。

青野川のチャンネルは、橋を抜けたところで岸側により、幾つかのハンプを形成している。その蛇行部分は、水通しも良く、またハンプの水深も5m前後といい感じだ。活性の高いクオリティフィッシュをストックするには十分なスポット。むしろ、このスポットよりもいい条件の場所は、おそらく存在しない。もちろん、最上流部の流れ込みも良いが、減水傾向にあることと、陸っぱりと競合することという状況や時間ロスを考えると、やはりこのスポットで過ごすのが得策だ。こういった水の動きのあるスポットでは、バスの入れ替わりなどの動きのもある。今日一日を、このスポットに費やす価値は十分にある。

ルアーは、7gのジャンボグラブのテキサスリグ。まずは、ボトムの状態をチェックする。いわゆるタフという状況は、バスがエサを食べない状態と考えるのは、早合点だ。そうではなく、バスの行動範囲が狭いと考えるべきで、その対策としては、よりバスのいる場所にルアーを通すことだ。そのためにも、ボトムの変化から、そういった場所を探す必要がある。流れが当たるハンプということであれば、そこには必ず露出したゴロタ石のスポットがある。それをテキサスリグで探る。

程なくして、その変化を感じることが出来た。そこで、ルアーをステイさせる。すると、ココッというアタリが出る。それを堪えてステイを続けると、ググッと重くなる。上がってきたバスは、45cmのグッドサイズ。やはり、このスポットが、クオリティフィッシュをストックしていると確信する。

その後、同じエリアを攻め続けるが、ショートバイトでテールを持っていかれる。小バスなのかもしれないがチェックしてみることにする。4インチシュリルピンのヘビキャロに持ち替え、同じエリアをチェックしていく。同じようなショートバイトが出るが、今度はうまくフックセットする。リーダーは8ポンド。ドラグ調整しながら慎重に扱う。その引きの強さは、50クラスを思わせるものだったが、実際には47cmのグッドコンディションのバスだった。その後、場の雰囲気を変えるためにメタルジグを投入するも、ハスがバイトしてきたのみで、午前の釣行を終える。

午後に入って風も少し出始める。少し場所を移動してみようかと考えるが、とりあえず、風向きの関係から、アップヒルで攻める。ハンプのブレイクのゴロタ石を感じ取ったとき、グンッとアタリが出る。すかさずアワセたが、石にラインを噛んでしまったのか、そのままラインブレイクしてしまう。まだ、攻め続ける価値はあると判断する。

その後、スピナーベイトやクランクベイトを通して行っても反応はない。テキサスリグでも見切られたのか、カラーチェンジを繰り返すもの、アタリは遠のく。風の影響もあって、テキサスリグでは扱いにくくなったこともあって、ラバージグに持ち替える。ラバージグは、トロスカスタムのフットボールにジャンボグラブをトレーラーとしてセットしている。ハンプの上に乗せ、小さくロッドを立てに動かす。動かす幅は小さいので、おそらくズル引きに近い。すると、すぐにアタリが出て、グングンとロッドに重さを感じる。来た!とアワセみるもすっぽ抜けてしまう。痛恨のフックアウトだ。しかし、気を取り直してキャストする。すぐにアタリが出る。今度はしっかりとアワセることが出来た。上がってきたのは、50cmの今日イチのバス。しっかりと上顎にフックセットしていた。

今日のコンディションでは十分過ぎる釣果がすでに出ている。遊び心から、ビッグスプーンを投入してみる。するとアタリは出るものの乗らない。そうこうしているうちに、フックセットした。しかし、そのやりとりの中でフックアウトしてしまう。やはり、こういったタイプのルアーはフックアウトしやすい。サポートフックは必須なのだろう。そうこうしてるうちに、タイムアウトとなり釣行を終えた。

この時期、ミドルレンジをライトリグで釣れば、数釣りは楽しめる。しかし、クオリティフィッシュを狙うなら、そういった釣り方では難しい。グッドサイズのバスのいるゾーンを狙っていかなければならない。また、真夏でタフという構図から、必要以上にルアーを小さくしてしまいがちだが、その必要はないことを今日の釣果が証明する。真夏や真冬は、バスのいる場所は限定しやすい。それ故に、しっかりと場所を見極めて、積極的に攻めることが功を奏す。真夏のメジャーレイク3連発は、決してマグレではなく、狙っていけるものなのだ。

TOROS CUSTOM

ロッド: ロードランナー ST680MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウム HG
ルアー: キャロライナリグ シュリルピン 4インチ

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウム HG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM フットボール 3/8oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

【青野ダム】メタルジグの中層釣り

ようやく残暑も薄れ、日に日に秋らしくなっていく10月。青野ダムは、曇り空ということもあって、釣りをするには悪くはない雰囲気を漂わせていた。しかし、ターンオーバーの影響からか、水の状態は決して良いとはいえず、特に下流域は、見るからに水が良くない。秋といえば、ベイトがカギになる季節。ベイトの影の出方が、釣果に直結することも少なくない。しかし、下流域のハンプに映るベイトの影は、決して良いものとは言えなかった。ある程度まとまったベイトの影があれば、その後ろにバスが付いている可能性がある。そういった場合には、ベイトの影を散らすようにルアーを入れてやれば、スイッチが入ることもある。しかし、魚探に映るベイトの影は、散らす程のまとまった影ではない。下流域のハンプを早々に見切って上流部に向かう。第二ダムは、ベイトの影響にこだわることなく、バスを寄せ付ける。入口の変化では、クランクベイトが効く。しかし、その変化を輪切りにしていくも反応はなかった。

加茂山第二公演前のシャローフラットは、その沖でチャンネルにぶつかる。そこにブレイクがあるが、バスはその変化に付く。クランクベイトでサーチし、テキサスリグでフォローを入れるが反応はない。いつもなら、アタリが出ていい場所ではあるが、反応は全くなかった。そのあたりから、戦術と実態とのズレを感じ始める。めぼしいスポットをチェックしながら、上流域のハンプに向かう。夏から秋にかけての本命スポットだ。

まずは、ハンプのブレイクにあるゴロタエリアをテキサスリグでねらい撃つ。すると、すぐにアタリは出るが乗らない。早く合わせすぎたか。次のアタリでは、送り込みを十分に行おうと決める。ココッというアタリが出る。ロッドを倒して送り込む。ラインを少し出しから聞いてみる。すると生物感が伝わってくる。スイープにアワセていくと、ググッと重さが乗る。42cmのグッドサイズ。やはりいた。しかし、その釣れ方に違和感を感じる。その違和感は、現実のものとなり、その後アタリはパッタリと途絶えてしまう。
ベイトが浮き気味になると、バスもそれに付いて浮く。夏場などは、カバーにぴったりと寄り添っている場合も多いので、テキサスリグのボトムサーチでも反応は出る。しかし、カバーから浮いてしまうと、途端にテキサスリグ系への反応は薄れる。バスの視線は元々上にあることに加え、ベイトに意識が向いているからだろう。そこで、よりアピール力の強いラバージグを選択。ボトムを感じながら引いてきて、ブレイクのハードボトムを感じたあと反応がなくなる。ジグがブレイクから中層に出た証拠だ。そのボトムの反応が無くなった瞬間、強くルアーが下へ持って行かれる。そのままフックセット。上がってきたのは、38cmのバス。40cmには満たなかったものの貴重な一匹だ。まさに、クオリティフィッシュ。この一匹が中層狙いを確信させた。

より効率的に中層を狙えるメタルジグにチェンジ。ハンプの上に落とし、リフト&フォールしていく。ボートがディープ側に流され、それに伴って、メタルジグのボトムの反応もなくなる。そのままフォールさせていくといったアプローチを繰り返す。そして、ついにグンッとアタリが出る。メタルジグはバレやすいから、ラインを緩めないように慎重にランディング。今日一の45cmのグッドサイズ。やはり中層だ。ブレイクから離れたところの中層。もっとも狙いづらい状態であるともいえる。秋といえばターンオーバーという理由で、すぐにタフという状況に結びつけやすい。しかし、エリア選択さえ誤らなければ、食い気のあるバスいる。秋の中層釣りの難しさと、攻め方の重要性を体感することができた釣行だった。

ロッド: ロードランナー ST680MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウム HG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM Flip&Slide 3/8oz

ロッド: ロードランナー LTT650M
リール: REVO LTX
ルアー: メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL 1/2oz

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る